札幌大谷が初戦突破、菊地大一投手が147キロで7回10奪三振完封&篠原悠選手28号弾

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

札幌大谷が初戦敗退した昨夏の悪夢を晴らした。146キロ右腕の菊地大一投手が自己最速を更新する147キロを記録し7回を完封した。

スポンサーリンク

昨夏

昨夏もプロ注目捕手の佐々木涼斗選手(東洋大)などを要して甲子園を目指していた札幌大谷だが、地区大会初戦で札幌南に敗れた。

この日も昨夏と同じ日に、同じ球場で、同じ公立高校が相手ということで、主将で捕手の篠原悠選手は「朝起きて不安だった。去年の夏があったから、一つも気を抜けないと思った」と話した。

しかし試合は序盤からリードを奪うと、4回には篠原選手が高校通算28本目となる2ランホームランを放って点差を開くと、エース・菊地大一投手も147キロを記録したストレートで7回5安打10奪三振で札幌英藍高校に7-0でコールド勝利を収めた。

篠原主将は「去年があったからこその勝ちだった」と話した。

春は道大会で旭川実の151キロ右腕・田中稜真投手と投げあい、3-5で敗れた菊地投手は「体格的には田中くんより全然ダメ。ただ、まっすぐや変化球のキレはもっと練習できるところ。田中くんにまけないように一歩一歩近づけるように頑張っていく」と話し、北海道NO.1右腕と注目される田中投手に視線を向けた。

夏の高校野球・南北海道大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B
夏の高校野球南北海道大会の注目選手を紹介します。ドラフト注目度B。
札幌大谷高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

菊地大ー篠原バッテリーで突破 ー スポニチ北海道版

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント