187cmエース・東海大福岡の佐藤翔斗選手は4回無失点

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球福岡大会では、センバツでも登板した東海大福岡の187cm右腕・佐藤翔斗投手が登板した。

スポンサーリンク

4回4安打無失点

2点をリードした6回から登板したエースの佐藤翔斗選手は、4回を投げて4安打を許したものの四球は無く無失点、「いい流れを持ってこようと思った」と話し、四球がなかった事については「そこは良かった」と話した。

センバツでは初戦の宇治山田商戦で完投するも5失点で敗れた。春の九州大会では登板はしなかったが、チームは初戦の宮崎商戦で3-16と大差を着けられて敗れ、「ほかの投手が打たれたのは自分が目配り、気配りできていなかったせいなので。自分が打たれたというそれぐらいの気持ちで夏に向け再スタートしました」と話し、投手陣全員で夏を目指してきた。

佐藤投手は練習試合で144キロを記録し、ストレートの球速が出るようになってきた。まずは初戦を突破し、佐藤投手を中心とした投手力が試される。

夏の高校野球・福岡大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B
夏の高校野球福岡大会の注目選手を紹介します。各高校に140キロ台の投手がおり、140キロ後半を投げる投手などにプロが注目している。ドラフト注目度B。
2024年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
東海大福岡の最速144キロ右腕・エース佐藤は救援で4回無失点 主将の体を張ったプレーに燃えた - スポニチ Sponichi Annex 野球
 春夏連続出場を目指す東海大福岡が初戦を迎えた。
東海大福岡は春夏連続甲子園へ辛勝発進 エース佐藤翔斗が4回無失点の好救援/福岡 - 高校野球夏の地方大会 : 日刊スポーツ
東海大福岡が春夏連続甲子園出場へ辛勝発進した。相手の小刻みな継投に苦戦した。スコアリングポジションに進めても、フライアウトなどで好機をつぶす場面が目立った。2… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント