夏の高校野球・福岡大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球福岡大会の注目選手を紹介します。各高校に140キロ台の投手がおり、140キロ後半を投げる投手などにプロが注目している。ドラフト注目度B。

スポンサーリンク

注目選手

福岡大大濠の柴田獅子投手は190cm85kgのスケールの大きさがあり、球速も146キロを記録している。平均球速も140キロ台前半となり、もともと器用で多彩な変化球を投げて完成度も高い。福岡第一の前田明慶投手も180cm86kgで147キロの速球を投げる。

戸畑の萩原望安選手は50m5.8秒の俊足で、盗塁を決める技術もあり、ベース1周を回るスピードはプロも注目している。

その他の選手

福岡大大濠は平川絢翔投手も最速146キロを記録するサイドハンドで、2年生の184cm右腕・中野悠斗投手も1年時から期待されている。打線では1番の大神浩郎選手が一塁駆け込み3.8秒台の俊足で、ショートの高田大賀選手が170cmと上背は無いが逆方向にも伸びていく打球を打つ。強肩捕手でリードにも定評のある法村航輝捕手には、柴田投手を視察したプロのスカウトが高く評価をしている。

九州国際大付は左のエース・田端竜也投手が140キロのストレートを低めにコントロールする安定感があり、今村治輝投手など控えにも好投手がそろう。宮崎雄大選手は181cmの三塁手でパワーはもちろんしっかりと投球を捉える技術が高い。2年の山本嘉隆選手は1番打者で高い出塁と俊足を武器とし、180cmの遊撃手・三宅巧人選手は4番としてもチームの中心となっている。牟禮翔選手は春に強烈なホームランを放っている。

東筑は182cm85kgの右腕・安田創磨投手があ130キロ後半の速球に伸びがあり、変化球も変幻自在に操る投手。2年の池口貴綱投手は184cmの長身から140キロのストレートを投げる本格派。福岡屈指の強肩と評される大越塁選手がその肩とリードで投手を支え、永田祥誠選手が打線を活発にさせる。

西日本短大付は村上太一投手が185cm85kgの長身から140キロの速球を投げ、打撃も非常に力がある。4番を打つ高峰駿輝選手はキレイに打球を運ぶスラッガー。

センバツに出場した東海大福岡は、187cmの佐藤翔斗選手がどのくらい成長を見せるか、強打の藤本塁守選手や2年の野上夕輔選手のプレーにも注目される。

福岡第一は三谷力斗投手も146キロを記録するが切れの良いストレートが魅力。深井健太郎投手など140キロを記録する投手を複数人抱えている。

東福岡も175cm右腕の原田留維投手は145キロを投げる力があり、橋本太陽投手も141キロのストレートをインコースにきっちりと投げきる。

福岡工大城東も大堂響投手は175cmの右腕で144キロの速球に鋭いスライダーとスプリットは高校生で打つのは難しいとも言われる。

糸島高の横山侑汰投手は175cmの身長でダイナミックなフォームから145キロの速球を投げる。大牟田の境利月投手は2年時から注目されており、130キロ後半のキレの良い速球とカーブでタイミングを外す。筑陽学園の西村龍仁投手は181cmから141キロの速球を投げる。父は元ヤクルトの西村龍次氏。

福岡高の井崎暁志郎投手はがっしりとした体格から130キロ後半の速球を投げ、打撃でも驚くような打球を飛ばす。兄は福岡ソフトバンクの井崎燦志郎投手。春日高の前田歩三雄投手は130キロ中盤の速球を投げ、強気に攻めるピッチングが魅力。近大福岡の田辺周投手も2年夏に9回11奪三振完封勝利を挙げるなど実績もある。久留米商の今門拓斗投手もやや横から130キロ後半の速球を投げる。

苅田工の鱒村圭亮選手は、捕手として二盗を何度も刺す肩を見せる。戸畑は渡邊竜吾選手が183cmの身長があるが細い体でスピードあるプレーをする。宗像高の梶原創選手はがっしりとした体で高校通算10本塁打、器用な打撃をする横山叶和選手は投球でも横から130キロ台の速球をコーナーに投げ分ける。

2年生では沖学園の川畑秀輔投手が170cmと大きくないが147キロのキレの良いたまを投げ、八女学園の石飛太基投手も左から140キロの速球と、多彩な変化球を投げて横浜高校との招待試合で結果を見せた。

2024年度以降-高校生-福岡県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント