夏の高校野球・鳥取大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度C

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球鳥取大会の注目選手を紹介します。ドラフト注目度C。

スポンサーリンク

注目選手

米子松蔭の中前篤朗投手は185cm76kgの大型左腕投手。球速は130キロ中盤で、春もまだフォームがしっくりせずに夏前も急ピッチでフォームを創っているようで、夏にハマってくれば楽しみな投球がみられそうだ。

その他の選手

米子松蔭は2年の坂本奏萌投手も体がある投手で次期エース候補。50m5秒台の足を持つ久白拓人選手、春にショートを守った惣郷峻吏選手など楽しみな2年生が多い。

鳥取城北は石黒尚選手が181cm82kgの右の強打者で、捕手としても肩が強く、県NO.1の声も。日下侑太選手は170cm73kgだが逆方向にも飛ばす力がある。2年の平山暖也選手は中国大会で主軸として5戦全てでヒットを記録した。投手も2年の鈴木欧音投手が春に米子東をノーヒットノーランに抑えた。1年時に140キロを記録した山田晃誉選手なども最後の夏に期待したい。

米子東の篠原結光投手は171cmの右腕で回転数2300回転の質の良いストレートで高めで空振りが取れる。山田恭吾選手も130キロ後半を記録している。長打も打てる1番の福田貫太選手と、168cm83kgの左の強打者で打球速度150キロの福田寛人選手が打線を引っ張る。

鳥取商は青木一真選手が俊足NO.1、出塁して足でかき回す。今井悠翔選手は2年の松尾拓篤選手もどんな選手か。

倉吉総合産業の有福天漣投手は180cm78kgで体があり、バランスの良いきれいなフォームで投げる。境港総合技術の福家嵩登選手はしっかりと球を捉えて飛ばす力がある。

境高の2年・瀬川亮太郎選手は182cm85kgの左のスラッガーで、スイングも良く打球が伸びる。来年注目。

2024年度以降-高校生-鳥取県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント