夏の高校野球・佐賀大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度C

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球佐賀大会の注目選手を紹介します。ドラフト注目度C。

スポンサーリンク

注目選手

龍谷高校の岩本琉至遊撃手は172cm70kgだが高校通算は15本塁打と長打が打てて、打率3割後半の技術もある。ショートのレギュラーとして1年時から出場しており、守備も磨かれた。打てる遊撃手として期待。

昨夏の甲子園で1年生で144キロを記録した鳥栖工の松延響投手は、春は故障で登板を回避していたが、復活をしているといい、普通に投げることができれば2年生ながら県NO.1といえる。

その他の選手

龍谷高は181cm78kgの溝口大和選手が主軸で強い打球を飛ばし、三塁から強い送球を見せる。2年生の勝間田莉音投手は力のある球を投げきれいなフォームも魅力。

佐賀学園は岸川航大選手が178cm90kgの右のパンチ力のあるスラッガーで、投手も古川尚弥投手が伸びのある球を投げる。

太良高は真榮城隼人選手が外野手と投手の兼任で、投手の実績はまだ少ないものの139キロを記録している。中垣龍稀選手も180cm85kgの左のスラッガーで肩の強さもある外野手。

唐津商は2年の木本夢翔投手が144キロの速球にチェンジアップ、スライダーなどを投げられる完成度の高い投手でエース。3年の中島悠貴投手も登板機会は少ないが130キロ後半の球を投げる。俊足の3番打者・浜部海斗選手が攻撃の核。

佐賀商は北村悠人投手が175cm76kgの右腕で141キロのストレートは力が増してきた。175cm80kgの右のスラッガータイプの原旺輔選手や、ショートでスピード感あるプレーをする平野大雅選手、そして2年生の藤瀬奎嵩投手も130キロ中盤の速球を投げる素質のある投手。

神埼清明の鶴丸徹平選手はセンターで広い範囲を守り、166cmながらパワーある打撃を見せる。佐賀北の田中幹太郎選手は春に7試合中5試合がマルチヒットで長打も出す。東明館の原野煌河捕手は県屈指の強肩捕手。北陵の吉田篤史選手も174cm83kgの体から痛烈な打球を飛ばす。敬徳高の藤森悠斗選手もセカンドで出場している。

2年では嬉野高の林龍之介投手が142キロを記録しており、楽しみな投手。

2024年度以降-高校生-佐賀県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント