夏の高校野球・熊本大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球熊本大会の注目選手を紹介します。ドラフト注目度B。

スポンサーリンク

注目選手

熊本工の廣永大道投手は182cm80kgの右腕投手で最速は146キロ、唸りをあげる球と、多彩な変化球を織り交ぜる投球は九州屈指。

ルーテル学院の2年・阿蘇品陽輝投手は177cmの左腕投手ですでに145キロを記録している。

東海大熊本星翔の2年・比嘉健太捕手は二塁送球が1.8秒を切る強肩、1年の福島陽奈汰選手は二塁で出場するが投手として140キロを記録しており、将来は強肩ショートや右腕投手としても期待される。

その他の選手

熊本工業は控えの前田愛斗投手も力強いストレートを投げる投手で、さらに2年の山本凌雅投手も130キロ後半の力強い球をなげ2番手格になっている。4番の菊山敬紳選手は168cm64kgだが高校通算20本塁打のパンチ力があり、低反発バットでも柵越えを見せる。

東海大熊本星翔は1,2年生だけでなく、3年の渡嘉敷篤弘選手は阪神に進んだ百崎選手の後を次ぐ遊撃手で、フットワークよく軽快に捌くプレーに注目が集まる。また3年の善平壮朝投手も140キロを記録するパワーピッチャー。

熊本国府はトルネード左腕の植田凰暉投手が180cm80kgと体格がある。坂井理人投手、冨永裕心投手なども力がある。ショートの寺尾真洸選手は183cmの遊撃手で送球の力強さがあり、将来が楽しみな選手。

有明高は左腕の稲岡寛太投手はトルネード投法から130キロ前半のストレートにスライダー、カットボール、チェンジアップなど緩急をつけた投球をする。2年の青木一志投手が171cmの左腕投手で線が細いが136キロを記録している。

鎮西は茂木涼投手が185cm76kgの右腕投手で角度のあるストレートが威力十分。外野手の山科真南斗選手も左腕投手として130キロ中盤の速球を投げ、こちらも威力がある。

秀岳館の橋本悠輝投手も140キロを越す速球で先発、リリーフで登板する。

開新高の中元大聖選手は182cm80kgの左のスラッガーで、春は2打席連続ホームランを放ち、1本は特大の当たりだった。九州学院の柴垣俊吾選手は171cm72kgの外野手で、シュアな打撃で鋭いライナーを飛ばす。ルーテル学院は緒方士竜選手も打撃選手のある選手で50m5秒台の俊足、肩も強い外野手。

2024年度以降-高校生-熊本県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント