夏の高校野球・香川大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度C

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球香川大会の注目選手を紹介します。ドラフト注目度C。

スポンサーリンク

注目選手

高松商は佐藤晋平投手が176cmの右腕で146キロ、大森健太郎投手が171cmの左腕で142キロ、2年で185cm右腕の行梅直哉投手が143キロ、同じく2年の175cm右腕の末包旬希投手も141キロを記録し、140キロ台カルテットとして注目される。

その他の選手

高松商は1番センターで出塁センスを見せる市ノ瀬夢蔵選手や、フルスイングの3年生・橋本琉稀斗選手、村山由空選手、2年生・小原健跳選手が並び、強打の2年生捕手・和泉翔太選手も楽しみ。そして1年にも春に四国大会で登板し136キロを記録した相内奏選手や、巨人・浅野翔吾選手の弟・浅野太智選手などがいる。

英明は類まれなるセンスを持つ百々愛輝選手、50m5秒台の足と遠投110mの身体能力を持つ櫛橋孝生選手、盗塁を決められる鈴木昊選手の俊足コンビ、そして2年の山口裕生選手のスピード感十分のプレーをする。投手も変化球の良い清家準投手が143キロを記録し、190cm右腕の2年生・植上大雅投手も成長を見せている。

尽誠学園は内野手、攻守に中心選手の岩橋修太選手が注目されている。140キロ右腕の眞田侑和投手が春は不調だったが、2年生右腕の四條漣投手、左腕の広瀬賢汰投手が130キロ中盤の力ある球を投げた。

丸亀城西は右サイドハンドの角銅寿和投手と、130キロ台後半の力ある球を投げる前田冨雅投手がおり、二塁送球1.9秒台の強肩捕手・薮内悠選手がリードする。

香川中央も184cmの長身右腕・徳久隆斗投手が角度のあるストレートとナックルカーブで空振りを奪い、石川瑛大捕手がしっかりとリードする。

四国学院大香川西の高田裕樹選手181cmの右のスラッガーで高校通算20本塁打の県屈指の強打者。三本松の川﨑大聖捕手が二塁送球1.8秒台の強肩と5本塁打の長打力がある。藤井学園寒川の坊野幸樹選手も178cm85kgの体格があり飛距離十分。多度津の片山怜唯選手は3番打者として広角にヒットも打てば長打も打てる。

大手前高松の藤井優太投手は182cmの本格派右腕として期待も春は登板がなく、復活が期待される。藤井学園寒川の平山琉魅翔投手が142キロを記録している。観音寺総合の松村悠大投手は176cmの左腕投手で、打者のインコースに食い込むカットボールが武器。高松南の森海翔投手も130キロ後半を記録する。

志度の2年・片山祐慎選手は強肩の外野手で、投手としても力のある球を投げてくる。

2024年度以降-高校生-香川県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント