夏の高校野球・和歌山大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球和歌山大会の注目選手です。ドラフト注目度B。

スポンサーリンク

注目選手

和歌山東の谷村剛選手は高校通算18本塁打の左の強打者で、プロのスカウトも注目する逸材。

智弁和歌山は196cmの長身から140キロの球を投げ下ろす中西琉輝矢投手が145キロを記録し、花田悠月選手は1年時から注目された強打が魅力。2年でも福元聖矢選手が1番を打ちヒットを量産、藤田一波選手がスピード感と強打を併せ持つ選手、183cmの大型遊撃手の山田希翔選手、宮口龍斗投手が185cmから145キロを記録し、1年の朝来友翔選手も189cm89kgから142キロを記録、二刀流として注目されている。

その他の選手

智弁和歌山は金田雄太郎投手が138キロの速球とスライダーを織り交ぜる。185cmの右腕・松倉汐音投手、2年で143キロを記録する渡辺颯人投手も戦力となっている。松嶋祥斗選手などがいる。

和歌山東は左腕の前芝翔太投手が135キロのストレートに多彩な変化球を投げ、春は5回ノーヒットノーランも達成した。1年から出場し4番打者になった辻奨誠選手も、谷村選手を敬遠できないくらいの力がある打者。

市立和歌山は麹家桜介選手は4番で捕手としてチームの要だったが春に左手薬指を骨折し夏の復帰が微妙な状況。ショートの村上遥飛選手は180cm80kgで肩が強く、代わってマスクを被っている。141キロ右腕の爲則太智投手などが踏ん張り、復帰を待ちたい。

田辺高はセンバツで大飛球を打ち注目された183cmの大型遊撃手・山本陣世選手が、その長打力と139キロを記録する投手としても期待される。エースの寺西邦右投手は180cmの右腕で141キロを記録、甲子園も経験し成長している。

同じく甲子園を経験した耐久のエース・冷水孝輔投手は、冷静な投球だけでなく、球速も142キロを記録しピンチにギアを挙げた投球ができる。堀端朔選手の俊足を活かし、打線のつながりを見せたい。

和歌山商の福本悠陽投手は187cmの長身右腕で130キロ後半の球を投げる。アンダーハンドの木村健太郎投手とともに投手力でチームを引っ張る。

高野山の今井隆成選手は175cm95kgという体格があり、スイングが非常に強く楽しみ。打撃の良い鴨島輝太選手、浅田崇人選手などで攻撃野球を見せる。

日高中津分校の市木栄勇選手は173cmの右腕投手で140キロ前後を記録、打撃も良い中心選手。尾上大洋選手も体は大きくないが長打力があり、外野手として守備範囲も広い。

和歌山南陵の松下光輝投手も右スリークォーターから139キロの速球を投げる。県立和歌山の福本悠陽投手が186cm82kgの体格があり138キロを記録している注目したい投手。日高高の松山晃大投手は135キロを記録する左腕投手。

2年では桐蔭の中尾綾佑投手が175cmの右腕で140キロを記録し、まだまだ成長が期待できる。

2024年度以降-高校生-和歌山県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント