夏の高校野球・山形大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度C

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球山形大会の注目選手を紹介します。ドラフト注目度C。

スポンサーリンク

注目選手

鶴岡東の櫻井椿稀選手は、投手としては左から141キロの球を投げ、侍ジャパンU18代表候補にも選ばれている。また打撃でも主軸を打ち、県内でも屈指の強打者として活躍を見せている。

その他の選手

鶴岡東は日下心選手が早くから注目され、3年春には打率6割を超す好成績を残した。確実な打撃が特徴の選手。2年の梅澤一輝投手も力強い球で押す投手で、球速が130キロ前半から伸びてきたら楽しみ。

日大山形は遠藤海星選手が好球必打でシャープなスイングで強打を連発する。笹大夏選手も攻守に評価が高い選手、ショートの村田莉一選手は広い守備範囲が魅力。捕手から投手に転向して140キロを記録した高橋直叶投手や先発・リリーフで力を見せる佐藤大清投手、そして2年の本田聖投手は140キロ、岩下瑛斗投手は142キロにチェンジアップを使う。1年の児玉寛大投手も142キロを記録しており、強力投手陣になった。

酒田南の2年・岡田冠太選手は179cm85kgの体格から飛ばす打球が凄まじい。長谷部のあ選手は捕手として強肩が高く評価されている。

羽黒は野口大成捕手は打球を飛ばす能力に長けており注目、2年の曽我瑠仁投手は130キロ中盤から後半の速球を投げる。

山形学院はショートの海藤珀選手が守備で俊敏なプレーを見せ、鈴木峻太選手は春に全試合で打点を挙げた勝負強さがある。

酒田東の佐藤太誠投手は178cmから138キロを記録するが、遊撃手としても動きも高く評価されている。山形城北は小野村駆流選手が俊足強打の外野手として注目され、肩の強さもあって投手としても137キロを記録する。致道館の松浦大凱投手は189cmの長身選手で、外野手として出場しているが投手としても期待される。

米沢中央の河村雄大選手と髙橋聖翔選手、2年の齋藤和哉選手、岩澤拓大選手もどんな選手がチェックしたい。

2年では山形中央の小坂楓投手が伸びのある球を投げる左腕投手で、東海大山形の金子塁選手はこの春にチャンスをものにしてレギュラー定着となりそうだ。

2024年度以降-高校生-山形県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント