夏の高校野球・福井大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球福井大会の注目選手を紹介します。ドラフト注目度B。

スポンサーリンク

注目選手

福井の速球派が競い合う。

福井工大福井の篠原響投手が174cmと体は大きくないが148キロの速球は威力十分で、回転が良く伸びてくる球質を更に磨いて火の玉にしたい。

啓新の伴場柑太投手は183cm72kgの右腕で最速は149キロを記録。まだ線が細そうな感じでこの球速をだしており、まだまだ底が見えていない感じがする。

北陸の竹田海士投手は175cmの右腕で最速は148キロ、速球派というよりは総合力の高い投手というタイプで、甲子園でも登板するなど経験値が高い投手。

この3人が将来、どんなふうになっていくのか非常に楽しみ。

その他の選手

福井工大福井のエースは酒井大地投手、左腕で143キロを記録し、変化球もしっかりと使える球で完成度が高い。福井心都投手も右のサイドハンドから140キロを超す速球を投げ、安定度的にはこちらが大き投げる事になるそうだ、184cm右腕の森天人選手もポテンシャルがあり、2年のカーンソヘル投手も141キロのストレートとフォークで実力が高い。

北陸高校も175cm右腕の井黒晃佑投手がこの春に急成長し、最速146キロを記録して安定感ある投球ができるようになった。強力な2枚看板を形成。水野伸星選手を起点とした攻撃陣が奮起できるか。

福井商業は130キロ中盤のキレの良い速球を投げる前川清投手と、伸びのある141キロのストレートを投げる木下大和投手がおり、中学時代から遊撃手として肩も足も評価されてきた前川竜我選手が、強打でどんなゴロも捌く能力の高さで注目される。捕手の松宮諒治選手も二塁送球が1.9秒台の強肩で、長打力で主戦。

その中で敦賀気比は140キロ左腕で安定感ある竹下海斗投手や右腕で130キロ後半を投げる丹尾好誠投手、2年の東川太紀投手も140キロを記録する力があり、3年の西口友翔選手と2年の岡部飛雄馬選手の二遊間コンビも全国クラスで、2年生の小林拓斗捕手が春に打撃で活躍を見せた。長打力のある濵谷輝選手、足もある中森昂選手、嘉村幸太郎選手、そしてU15代表で注目の1年生捕手・村雲脩吾選手が先輩を圧倒する強肩を見せ、選手層は県トップ。

若狭は171cm左腕の研谷湊都投手が144キロで完成度が高く、145キロの勢いある球を投げる中務勇翔投手、187cmの長身から投げ下ろす桝田瑛斗投手がいる。

丹生は2年生左腕の津野大悟投手が130キロ後半をなげるまで成長、安打製造機の坂真夏斗選手が攻撃の起点。

羽水は185cmから130キロ後半の球を投げ下ろす鳥山大輔投手が注目。坂井高も130キロ中盤を投げる勝山瑛太投手が安定した投球を見せる。敦賀高の長谷川冬聖投手は174cmの右腕で球の力が増して粘り強い投球を見せる。

鯖江高の坂本剣志郎選手が188cmの遊撃手で長打力も県屈指。

2024年度以降-高校生-福井県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント