決戦!大阪桐蔭vs光星学院2 藤浪晋太郎投手の成長!

高校野球ドラフトニュース

 明日の史上初となる春夏決勝決戦、春に優勝を収めた大阪桐蔭の藤浪晋太郎投手の今春と今夏の投手成績をまとめました。

藤浪晋太郎 2012年春の投球内容
回戦相手安打三振四球死球失点自責点球数備考
1回戦花巻東98122022141球150km/h記録、大谷翔平と投げ合う。
2回戦九州学院9683031146球150km/h記録、ホームランも放つ
準々決勝浦和学院466001080球153km/h記録
準決勝健大高崎9794011142球151km/h記録
決勝光星学院91262033148球150km/h記録
通 算403941110107657球防御率1.58、奪三振率9.2個

 

藤浪晋太郎 2012年夏の投球内容
回戦相手安打三振四球死球失点自責点球数備考
2回戦木更津総合96141121138球153km/h記録
3回戦済々黌
準々決勝天理94131111118球153km/h記録、ホームランも放つ
準決勝明徳義塾9282100133球152km/h記録
決勝光星学院
通 算2712354332389球防御率0.67、奪三振率11.7個

  センバツは5試合に登板し5試合とも150kmを記録、防御率1.58に41奪三振(奪三振率9.2個)と抜群の成績を残して優勝を収めた。

 しかし、この夏は防御率0.67、奪三振率も11.7、四球も約半分となり、また最速も全ての試合で152km以上を記録するなど、春の成績を上回っている。1試合の球数も減っており、余裕を持って投球出来ていることが分かる。

 

 明日の決勝・光星学院の対戦は、センバツでは田村龍弘選手に3安打を許し、北條史也選手に2安打2打点を許している。しかし、この成長に加え、センバツが決勝前までに509球を投げているのに対し、今大会はここまで389球と球数にも余裕がある。

 疲れが無いとは言えないが、まだ力を残しての対戦となり、センバツ以上の投球が期待できそうだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント