日大三・畔上、九州国際大付・高城、7打席連続安打。三好は大会2号!

高校野球大会 2011年センバツ高校野球ニュース

 2011年センバツ大会は準決勝を向かえ、日大三と九州国際大付が対戦、準々決勝の加古川北戦で大会タイ記録の1試合6安打をマークした日大三・畔上翔選手は準決勝の第一打席でもヒットを放ち、7打席連続安打をマークした。また九州国際大付の高城俊人捕手も準々決勝の北海戦で5打数5安打を放っており、準決勝でも1打席目でヒット、2打席目に四球を選んだ後の3打席目でもヒットを放ち、こちらも7打席連続安打となった。
 九州国際大付の三好匠投手は準決勝でも吉永健太朗投手からホームランを放ち、大会2号となった。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント