夏の甲子園大会の見どころ~その2~ ドラフト中位から下位候補

浅井洸耶, 岩下大輝, 岸潤一郎, 山城大智, 秦匠太朗, 香月一也, 萩原聖翔, 佐野皓大, 古澤勝吾, 脇本直人

 8月9日から始まる夏の高校野球甲子園大会、今大会に出場する選手のうち、ドラフト候補としてプロが注目している選手を紹介します。

 ドラフト上位候補については、「夏の甲子園大会の見どころ~その1~ 今年のドラフト上位候補選手 | 」で紹介しております。

 

投手の候補

 プロ志望すればドラフト中位から下位で名前が挙がりそうな投手が、星稜・岩下大輝投手、明徳義塾・岸潤一郎投手、大分・佐野皓大投手、沖縄尚学・山城大智投手だろう。

 岸潤一郎投手は甲子園で1年生からエースとして活躍し、打撃でも4番として高いセンスを見せる。ただし、球速が抜群だったりホームラン数や飛距離が抜群だったりという事ではなく、また遊撃手で高い守備センスを見せたり、俊足で目立ったりという何か一つが突出しているような選手ではない。

 こういう選手はプロのスカウトも判断は迷うし、大学や社会人で結果を残してからという判断をしがちだが、果たして岸選手をプロはどのように評価するのか注目したい。

 沖縄尚学の山城投手も昨年秋からコンスタントに勝利を挙げている。トルネード気味のフォームからのストレートは140km/h前半だが低めに決まる。手がつけられない時はヒットをほとんど許さずに完封する。しかし、投手として特筆すべき点がまだ少なく、大学・社会人で成長を見たいと思っているスカウトも多いだろう。

 大分の佐野投手は全国で数少ない150km/h越え投手の一人。ただし今年春から注目され、夏の大分大会では球速も伸びずに大きく評価を伸ばすようなことは無かった。甲子園では150km/hを目指すと話しているが、プロのスカウトが甲子園で結果を期待している選手のうちの一人だろう。甲子園の投球次第でドラフト中位あたりで指名されるかもしれない。

 星稜の岩下投手は投球でも145km/hを投げ打撃でも注目され、12球団のスカウトが注目した。ただし投手としては石川大会決勝で3回7安打4四死球で6失点と、大量失点をする場面がまだ見られる。打撃でも決勝の大逆転でホームランを記録したものの、打順は7番で、まだ粗さを見せる素材型の選手といえる。

 ただし、こういった素材型の選手はプロからも評価されやすい。ドラフト上位にはならなさそうで本人が中位や下位での指名でプロに入るか、大学・社会人で成長してからと考えるかでドラフト会議での指名が決まりそうだ。

 

野手の候補

 野手の候補では健大高崎・脇本直人選手、二松学舎大付・秦匠太朗選手、敦賀気比・浅井洸耶選手、大阪桐蔭・香月一也選手、九州国際大付・古澤勝吾選手、日南学園・萩原聖翔選手が挙げられる。

 健大高崎・脇本選手がメジャーも含めてプロ10球団以上が注目する選手で、高校通算56本塁打の長打力もあるが注目するのはそれだけでなく、50m6.1秒の足と遠投110mの強肩がある。打席だけでなく塁上でも守備でも注目しなければならない選手。プロ入りの意思があり、ドラフトでは中位からドラフト2位あたりに挙がってくる可能性もある。

 九州国際大付の古澤選手も福岡大会でサイクルヒットを達成し2本塁打を記録した選手。打撃に関しては広角に長打を打て、ホームランも飛距離が十分、さらにサードの守備も注目されており総合力が高い。

 二松学舎大付の秦選手は通算50本以上のホームランを放つスラッガータイプの選手。粗さもあるが長打力が注目される。日南学園の萩原選手は打てるキャッチャー。捕手の注目選手としては今大会では九州国際大付の清水優心選手に次ぐとみられる。

 敦賀気比の浅井選手は2013年センバツで沖縄尚学戦で5打数5安打など打撃で活躍し、チームのベスト4進出に貢献した。また大阪桐蔭の香月選手も昨年、春・夏の甲子園に出場し、森友哉選手や笠松悠哉選手など3年生の注目選手が揃う中で活躍を見せた。二人とも天才的な打撃センスがある。プロ志望する可能性が低いとみられるがその打撃を記憶しておきたい選手。


PAGE TOP