西東京大会、日大三は国学院久我山、東海大菅生、国士舘のブロック

日大三, 清宮幸太郎, 早稲田実, 野村大樹, 櫻井周斗, 金成麗生, 米原大地, 小玉佳吾, 国士舘高

西東京大会の組み合わせが決定、昨年秋、今年春と東京大会決勝で大激戦を演じ、センバツにも出場した早稲田実と日大三が注目だが、日大三は強豪がひしめくブロックとなった。

激戦

西東京で注目されるのは、清宮幸太郎選手、野村大樹選手のいる早稲田実と、金成麗生選手、櫻井周斗選手のいる日大三の2強だが、東海大菅生は小玉佳吾投手など140キロクラスの投手を4,5人そろえ、八王子学園八王子には147キロの米原大地投手がおり、他にも実力では早実、日大三に次ぐ位置にいる国士舘も注目される。

この日の組み合わせ抽選では、第1シードの早稲田実と第2シードの日大三はもちろんブロックが分かれたものの、日大三は、初戦で国学院久我山などと対戦する可能性があり、勝ち進めば準々決勝では、昨年準決勝で敗れている東海大菅生と対戦する。そしてシード校がそのまま勝ち上がれば第3シードの国士舘、そして最後に早稲田実と対戦する事になる。この日抽選に臨んだ三木部長は「厳しい相手と当たるのは慣れている」と話したものの、苦笑いだった。

早稲田実も、昨年準々決勝で敗れている八王子学園八王子と、両校が勝ち進めが準決勝で対戦する。共に昨年夏のリベンジを果たして決勝に勝ち上がり、秋、春に続いて3季連続の決勝の顔合わせとなるか、注目したい。

早稲田実業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
日大三高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2017年度-高校生-東京都のドラフト候補リスト


PAGE TOP