叡明・三上ケビン選手の豪快弾と室賀優斗捕手の強肩に注目、埼玉大会

三上ケビン, 室賀優斗, 叡明高

夏の高校野球埼玉大会の抽選が決定した。春優勝の浦和学院や昨年夏出場の花咲徳栄が今年も優勝候補だが、叡明に注目される選手が集まっている。

3年目

叡明は3年前に学校名が変わり、校舎も移転した。新校舎には立派な野球グラウンドも整備され、力のある選手が集まってきた。そしてその選手たちが今年3年生となり、最後の甲子園に挑む。

その中で注目されるのが三上ケビン選手の打撃と、室賀優斗捕手の強肩、三上選手は6月3日の橘学苑との練習試合で、左中間ネットの上部に突き刺さる特大弾を打った。これが通算12号だが、入学時に60kgしかなかった体重が76kgまで増え、184cmの身長のある体にようやく厚みが見えてきた。さらに体が出来上がれば、飛距離も伸びていくかもしれない。また50m6.2秒の足もある。

室賀選手は投手として投げても140キロを超す強肩があり、こちらは184cm82kgと体が出来上がっていて、高校通算も25本塁打を記録している。

叡明は浦和学院、花咲徳栄とは準決勝まで当たらないブロックに入った。それでも大宮東や春日部共栄がいるブロックで、勝ち上がるのは大変だが、叡明旋風を巻き起こすのには十分力のある選手たちがいる。注目したい。

叡明高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2017年度-高校生-埼玉県のドラフト候補リスト

ケビン豪打で叡明旋風! 日刊スポーツ紙面 2017/6/21

PAGE TOP