甲子園NO1投手は誰だ、前橋育英・皆川喬涼投手、木更津総合・山下輝投手が意気込み

木更津総合, 前橋育英, 山下輝, 皆川喬涼

甲子園練習ではプロが注目する投手たちも姿を見せた。前橋育英の皆川喬涼投手、木更津総合の山下輝投手が意気込みを語った。

甲子園NO.1投手は

前橋育英のエース・皆川喬涼投手は最速149キロを記録し急成長を見せている右腕で、この日は甲子園のマウンドに立ち、感触を確かめた。チームではU18代表候補にも入っている丸山和郁投手や、共に140キロを超す速球を投げる根岸崇裕投手、吉沢悠投手がいるが、背番号1をつけた皆川投手は「1番は特別。後ろにもいい投手がいるので楽な気持ちで投げたい」と話した。

皆川投手は球速について、「150キロは春から意識している。甲子園で出したいと思う」と話し、現時点で甲子園に出場する投手の中で150キロを越えている投手はおらず、今夏最速投手を狙う。

またこの日は、木更津総合・山下輝投手や秀岳館の川端健斗投手も甲子園のマウンドを踏んだ。千葉大会で5試合に完投し「自信がついた」と話した山下投手は、センバツで投げた川端投手の映像をチェックしており、「センバツの映像を見てストレートも140キロ後半の球にキレがあった」と意識し、「注目されている投手なので投げ合いたい。自分が今大会、左の中で一番になりたい」と話した。

2017年高校野球ドラフト番付
第99回(2017)高校野球選手権大会の出場校と注目選手

今夏からエースナンバーを背負う149キロ右腕の皆川喬涼投手(3年)は「150キロは春から意識している。甲子園で出したいと思う」と意気込んだ。チームには左腕の丸山ら140キロ台の速球を投げる投手が4人いる。「(背番号)1番は特別。後ろにもいい投手がいるので、気楽な気持ちで投げたい」と話した。

初めての聖地のマウンドを確かめ「緊張せず、楽しくできた」と笑顔。同じ左腕で148キロを投げる秀岳館(熊本)の川端を意識し、「注目されている投手なので投げ合いたい。左の中で一番になりたい」と燃えた。


PAGE TOP