高校野球徳島大会の展望(2018)と注目選手:ドラフト注目度C

湯浅麗斗, 白川恵翔, 近藤駿, 塩唐松宏将, 矢竹敏征, 武市進我, 小田倭, 住江龍蔵, 山口留以, 湯浅陽一郎, 浮橋幸太, 佐野亮太, 藤田淳平, 安芸龍馬, 清水大輝, 武口哲也, 立木遼, 上原諒大

夏の高校野球徳島大会が7月7日に開幕する。

昨年は新野高校の折下光輝選手が巨人の育成ドラフト7位で指名された。そして最も注目されたのは板野高校の森井絃斗投手、最終的には152キロを記録してセガサミーに進んだが、全国トップクラスの速球派投手だった。

今年は注目選手やその数もやや物足りない印象でドラフト注目度はC。

地区

昨年は鳴門渦潮が板野高校に6-0で勝利し甲子園に出場をしている。秋の新チームでは鳴門が優勝、生光学園が準優勝、ベスト4に鳴門渦潮と富岡西が入った。そして今年春も鳴門が優勝、小松島が準優勝、ベスト4位に城東と鳴門渦潮が入った。

他にも徳島商、池田、阿南工、新野などが優勝を争う。

注目選手

現時点でドラフト指名が確実というような選手はいない。

その他の注目選手

投手では鳴門の上原諒大投手が180cmの右腕で142キロを投げ、変化球で三振を奪えるのでリリーフタイプと評価されている。脇町高の立木遼投手は175cmの右腕、141キロの速球を投げるが130キロ台のキレの良いボールが魅力。城東の武口哲也投手はエースとして安定、動く球を駆使して抑える。また打撃でも注目されている。

板野高校には今年も清水大輝投手が141キロ、安芸龍馬投手も142キロを記録し、投手の育成の手腕が評価されそうだ。清水投手はこの春に3安打完封勝利など急成長をしている。川島高校の藤田淳平投手は変化球投手だが182cm80kgの体が大きな左腕投手で期待。

富岡西は3年生の佐野亮太投手がバッターとしてもパワーがあるが、投げても135キロの力のある球を投げる。また2年生の浮橋幸太投手は172cmだが中学時代ベスト4入りの実力派で140キロを記録した。城北の湯浅陽一郎投手は177cmから140キロ、球が暴れるが絞りにくい所も特徴。

打者では生光学園の湯浅麗斗選手が、187cm88kgの体から高校通算41本の本塁打、推定140m弾も放つパワーがあり、また、この大きな体だが50mを5秒台で走るという驚異の身体能力がある。打撃の確実性に課題も見せるものの、育てていきたくなる素質を持つ。3案バッターの山口留以選手は166cmながら高校通算30本手前、スクワット300kgなどパワーのある選手。

城東高校の武市進我選手は185cmの身長があるが、ベースランニングで県トップの走塁があり、野球センスを感じさせる選手。富岡西の小田倭選手は185cm88kgの右バッターで、ファーストからセンターにコンバートすると打撃も良くなった。鳴門渦潮の住江龍蔵選手は昨年の甲子園でもスタメンで出場し、今年は4番を任される。

2年生では池田高校の白川恵翔投手が、中学時代にジャベリックスローでジュニアオリンピックで全国一位となった強肩の持ち主で、2年時に140キロを記録し、150キロを目標にする。徳島科学技術の近藤駿投手は179cm85kgの右腕で130キロ後半を記録している。鳴門は塩唐松宏将選手、矢竹敏征選手など2年生が中心選手となっている。

優勝予想

鳴門が選手層が厚く、下級生も活発。もともと試合巧者で甲子園に出場する回数が多いチームで、秋、春を制している力は強そうだ。ただし、組み合わせでは、城南、小松島、科学技術などがおり、決して楽勝ではない。

2018年度以降-高校生-徳島県のドラフト候補リスト


PAGE TOP