センバツ高校野球・決勝戦のカードと注目選手

2019年、平成最後のセンバツ高校野球大会はいよいよ決勝戦、習志野と東邦が対戦します。

決勝

習志野高校
小沢拓海2年
172cm66kg 右右
足があり打撃センスのある選手。1年生秋は公式戦11試合で打率.395を記録した。セカンドの守備も安定している。 B-
角田勇斗2年
174cm68kg 右右
遠投100mの肩があり強肩の遊撃手で、習志野高校では1年生秋からショートを守る。やや緊張感ある守備に見えるが、フットワークを磨いて流れるようにスローイングに繋げたい。 B-
飯塚脩人3年
179cm76kg 右左
140キロの速い球、フォークボールも落差が大きい B+
兼子将太朗3年
182cm80kg 右右
市川ボーイズ出身の大型捕手。2年時は7番を打つ。古谷投手や飯野投手をリードしセンスを見せる。 B
根本翔吾3年
168cm65kg 左左
2年秋は11打点のチャンスに強い打撃と、センターからのバックホームでランナーを刺すプレーでチームを盛り上げ甲子園出場に導いた。足のある選手で練習試合も含めて44試合で41盗塁を記録する。 B-
東邦高校
石川昂弥3年
185cm72kg 右右
小、中学生の時から有名、愛工大名電の稲生と並ぶ怪物。リストが強く、バットの振りが鋭い。サイズがある大型内野手で、投手やってた事から肩も強い。大阪桐蔭の西谷監督も狙っていた逸材。 B+
熊田任洋3年
174cm72kg 右左
東邦の森田監督が関根大気(横浜DeNA)よりもいいと評価する。遠投100mの強肩と俊足を持つ遊撃手で、1年秋は1番バッターとして打率.458を記録、3本塁打を放った。 B+
植田結喜3年
176cm75kg 左左
2年の夏の西愛知大会決勝でエース扇谷莉をリリーフし140キロ前後の速球とキレのあるスライダーで愛工大名電打線相手に奪三振ショーをみせた速球派左腕 B
奥田優太郎3年
179cm73kg 右右
サイドハンドから143キロの速球を投げる投手で、2年秋は公式戦13試合に登板し2完投1完封。カーブ、ツーシーム、スライダー、チェンジアップなど変化球の豊富で、インコースも攻める。 B
河合佑真3年
180cm74kg 右右
強肩俊足の大型センター、守備で安定感があり、打撃でさらに力強さ見せられるように成長期待。 B
杉浦勇介3年
179cm63kg 右左
大型セカンドで、守備と打撃でチームを支える。打率も2年秋は.350を超えており、ホームランも放つなど長打力も見せる。そして盗塁を決められる足やバントなど器用なプレーも見せられる。 B
成沢巧馬3年
181cm83kg 右右
東邦高校で扇の要を任されている、強肩強打の大型捕手 B
長屋陸渡3年
181cm80kg 右右
サードを守り2年秋は5番を打って、打率5割、2本塁打を記録した。強い打球を見せる大型選手。 B-
村北翔哉3年
168cm70kg 右両
上背はないものの130キロ後半の威力ある球を投げる。 B-

PAGE TOP