2019年センバツ大会ドラフト候補番付

ドラフト番付 高校野球ドラフトニュース 2019年センバツ高校野球ニュース 2019年ドラフトニュース

2019年のセンバツは、東邦高校の優勝で幕を閉じました。番付を発表します。

2019年センバツドラフト番付

投手 野手
奥川恭伸星稜横綱  
  大関石川昂弥東邦
  大関来田涼斗明石商
及川雅貴横浜関脇森敬斗桐蔭学園
河野佳広陵関脇野村健太山梨学院
中森俊介明石商2年関脇東妻純平智弁和歌山
岩本大地石岡一小結武岡龍世八戸学院光星
  小結山瀬慎之助星稜
飯塚脩人習志野前頭1熊田任洋東邦
大畑蓮明豊前頭2内山壮真星稜
前佑囲斗津田学園前頭3内海貴斗横浜
小林樹斗智弁和歌山2年前頭4黒川史陽智弁和歌山
野沢秀伍龍谷大平安前頭5足立駿大分
清水大成履正社前頭6西川晋太郎智弁和歌山
村田賢一春日部共栄前頭7井上広大履正社
松本隆之介横浜2年前頭8江川侑斗大分
平安山陽松山聖稜2年前頭9角田勇斗習志野
浦松巧啓新前頭10表悠斗明豊
香川卓摩高松商前頭11北本壮一郎札幌大谷
石川昂弥東邦前頭12進藤勇也筑陽学園
木下幹也横浜2年前頭13渡部聖弥広陵2年
奥田優太郎東邦前頭14根本翔吾習志野
阿部剣友札幌大谷2年前頭15野辺優汰明豊
上井健太朗札幌第一十両神内秦福知山成美
寺迫涼生明豊十両渡辺伸太郎国士舘
岩本真之介市和歌山2年十両大村侑希松山聖陵
根本大蓮松山聖陵十両福岡大真筑陽学園
浮橋幸太富岡西十両壱岐有翔市和歌山
西舘昂汰筑陽学園十両  
森勝哉広陵十両  
白須仁久国士舘十両  
後藤丈海八戸学院光星十両  

投手の評価

大会前に、センバツ注目投手TOP5は?でTOP5を予想しましたが、その中でも奥川投手がダントツという形になりました。昨年秋よりもさらに安定感を増し、ストレートの角度とコントロール、変化球の多彩さと正確さ、フィールディングやけん制などのプレーも一つ一つがしっかりとできており、ピンチの場面でも力強く、冷静に投げられる投手でした。プロのスカウトも「一人だけプロがいる感じ」と話しているように、すぐにプロ野球1軍で登板をさせたい投手です。

大関は不在の場所となりました。

関脇では、課題もまだまだ多く、結果を出せなかったのですが、横浜・及川投手を入れます。152キロを記録したストレートの強さは魅力でした。まだ変化球もスライダーのみですが、守備の動きなどを見ても素質を十分感じさせる投手です。

また、広陵の河野佳投手と明石商2年の中森俊介投手を、及川投手と同格としました。河野投手は150キロを記録した事、またチェンジアップ、スライダーなどのコントロールも安定し、ピッチングがしっかりとできていました。プロで十分やれる選手です。中森投手は2年生ですが、146キロの速球にスライダーなど変化球を安定して投げ、10奪三振完投勝利は見事です。来年までにどんな投手になっているのか、まだまだ期待をしたいです。

小結には石岡一の岩本大地投手を選出します。もともと質の良いストレートを投げていましたが、今大会では144キロと自己最速を記録はしません。しかし、スライダー、チェンジアップ、カーブなどの変化球が昨年から成長をしており、しっかりとピッチングの組み立てができるようになりました。夏に向けてまだまだ成長に注目です。

前頭では力のある球を投げ込んだ飯塚脩人投手はけん制のうまさも光った。津田学園の前佑囲斗投手も体がありまだまだ良くなりそうな気配十分です。敗れはしましたが、履正社の清水投手も素晴らしい球の強さがあり、春日部共栄の村田投手も力はありました。

そして明豊の大畑蓮投手と智弁和歌山の小林樹斗投手は今大会、最も驚いた投手です。ストレートの角度とキレ、そして140キロを越してきており、まだ二人とも線の細い選手でこれからが非常に楽しみです。

2年生の横浜・松本隆之介投手、松山聖陵・平安山陽投手も、課題もたくさんありましたが、力のある球がありました。札幌第一の上井健太朗投手もまだ粗いですが球の力は今後が楽しみです。

野手の評価

 

2018年度-高校生のドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント