県岐阜商の注目選手ー2020センバツチームの紹介

県岐阜商, 西内勇人, 森大河, 佐々木泰, 廣部嵩典, 佐竹秀也, 服部圭吾, 山田蓮, 多和田尚旗, 高木翔斗, 松野匠馬, 野崎慎裕

センバツに出場するチームの注目選手を紹介します。今日は県岐阜商業。

県岐阜商の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度A:佐々木泰選手、スイングスピードが150キロを越し、高校通算34本塁打のパンチ力があり、50m6.0秒の足、そしてリリーフで登板すると143キロの球をズシっと投げる。全ての能力が高い選手、サードでの動きが良ければドラフト指名候補となりそう。

注目度B:森大河投手、最速145キロの速球を投げる178cm右腕で角度を付けて投げられる。カットボールが武器。

注目度B:野崎慎裕投手(2年)、141キロを記録する左腕でストレートの伸びが抜群。スライダー、チェンジアップなどで空振りを奪える。変化球が秀岳館・田浦に様になってくれば面白い。

注目度B:松野匠馬投手(2年)、180cmから142キロの速球を投げる右腕。大きなスローカーブを見せ緩急をつける。フィールディングも良く、野手としての可能性も期待される。

注目度B:西内勇人投手、アベレージで140キロを記録する投手で130キロ台のカットボールを投げるという。1年時からその球速に注目されていた。まずは球の強さ、カットボールの威力を見たい。

注目度B:高木翔斗捕手(2年)、185cm85kgの大型捕手で遠投100mの肩がある。2年生で5人の140キロ投手をリードし経験を積む。まずは肩に注目したい。

注目度B:多和田尚旗選手、1番セカンドで出場する。50m5.9秒の足があり盗塁を決められる他、高校通算15発のパンチ力も十分。足、打球、セカンドでの動きを徹底的にチェックしたい。

注目度C:山田蓮選手、秋は8番センター、50m5.8秒とチーム1の俊足で打席で粘って出塁をする。足を見たい。

注目度C:服部圭吾選手、秋は6番ショートで出場し「鍛治舎監督が11月以降に良くなった」と成長を認める遊撃手。50m5.9秒の足があり、まずはショートの守備、そして足を見たい。

注目度C:佐竹秀也選手、チームの4番を打ち高校通算15本塁打、3ベースヒットも多く長打力が光る。打球の強さを見たい。

注目度C:廣部嵩典選手(2年)、1年秋は控えメンバーだが165cmながらフルスイングでライトへホームランを放つ選手。出場したバットの振りをチェックしたい。

チーム

投手は140キロを記録する投手が5人おり、完投能力も高い選手がいるが、鍛治舎監督の得意の細かい継投で試合を進めていく。またすべての投手がスライダー、カットボールなど4種類以上の変化球を投げてくる。鍛治舎監督も「神宮大会をみたら140キロを投げる投手が少なかった。甲子園レベルでもいい投手陣だと思います」と自信を示す。

野手も3番・佐々木選手を中心に4番佐竹選手と1番・多和田選手に長打力があり、5番を打つ2年生の高木選手も打点をしっかりと挙げられる。下位打線は足の速い選手が並び、出塁して相手をかき回す。

投手が3点に抑え、攻撃で6点を奪う。継投と攻撃のバリエーションに注目したい。

県岐阜商業高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP