尽誠学園の注目選手ー2020センバツ出場予定だった選手の紹介

尽誠学園, 仲村光陽, 福島武颯士, 川崎風汰, 福井駿, 井脇将誠, 谷口颯汰, 村上侑希斗

センバツに出場する予定だったチームの注目選手を紹介します。今日は尽誠学園。

尽誠学園の注目選手

注目度A:必見・見ないとヤバイ、注目度B:成長をチェック、注目度C:素質をチェック

注目度B:仲村光陽選手、ショートを守り高校通算13本塁打の長打力で秋も公式戦2本塁打、投げても139キロを記録する肩がありスローイングも安定している。

注目度C:村上侑希斗投手、173cmの左腕投手で最速136キロを記録、多彩な変化球を投げまだ伸びしろもある。ストレートのキレと球速を期待したい。

注目度C:谷口颯汰投手(2年)、サイドハンドから135キロの速球を投げる。1年秋は1年生大会で登板を積み、次期エース候補として成長する。横からの強い球を見たい。

注目度C:井脇将誠選手、四球を選べる見極めと秋に3盗塁の足があり、練習試合を含めると8本の3ベースヒットを記録するなど打球の強さもある。足と打球の強さを見たい。

注目度C:福井駿選手、四球を選べて秋に3盗塁、打率は.414を記録した。こちらも2ベース、3ベースヒットも多く、足と打球の強さを見たい。

注目度C:川崎風汰選手、168cm95kgの一塁手でフルスイングを心掛ける。高校通算13本塁打は仲村と並ぶ。一発長打とスイングスピード、軌道をチェックしたい。

注目度C:福島武颯士選手、50m5.9秒の俊足選手だが秋は盗塁は0個、守備もレフトで足を生かすための技術を磨きたい。まずは足を見たい。

チーム

投手は村上投手が先発し、多彩な変化球を操り抑える。リリーフにはショートから仲村投手が登板し力で抑えていく。打線は2番・井脇、3番・福井、4番・仲村の繋がりが良く、下位打線でも川崎選手が一発を狙う。

投手が4点に抑え、打線が7点を奪う。仲村選手を中心に高い守備力で失点を1点でも少なくしたい。

尽誠学園のドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP