千葉ロッテ・安田選手、東京ヤクルト・村上選手がプロ1号ホームラン

村上宗隆, 安田尚憲

既に開幕しているイースタンリーグ、この日は千葉ロッテvs東京ヤクルトの試合が行われ、千葉ロッテのドラフト1位・安田尚憲選手と、東京ヤクルトのドラフト1位・村上宗隆選手がそろってプロ1号ホームランを放った。

プロ1号

東京ヤクルトのドラフト1位・村上選手はこの日、4番サードでスタメン出場すると、7回2アウト三塁の場面で、唐川投手からレフトスタンドに2ランホームランを放った。逆方向への当たりだった。

すると、千葉ロッテのドラフト1位・安田選手も触発された。この日、6番サードでスタメン出場すると、8回2アウトから、カウント1-2と追い込まれてからストレートを振りぬき、バックスクリーンに当てるプロ1号を記録した。「打ったのはストレート。風邪にも乗ってすたんどまで届いてくれました。1本1本の積み重ねが1軍へつながっていくと信じて、これからも頑張っていきます」と話した。

高校通算65本塁打の安田選手と、高校通算52本塁打の村上選手、共に昨年のドラフトでは清宮幸太郎選手の外れ1位で3球団が入札した。高校通算111本の清宮選手が入院をしている中で、一足先に同じ日にプロ1号を記録した。

次は1軍でのホームランは誰が1号を打つか。

2017ドラフト指名選手

2018年ルーキーの活躍一覧 


PAGE TOP