横浜DeNA、ドラフト2位の平田真吾投手が中継ぎエースへ

横浜DeNAルーキーニュース

 横浜DeNAの社会人ルーキー3投手が北海道日本ハムとの練習試合にそれぞれ登板した。3人の中でも2回を1安打2奪三振無失点に抑えたドラフト2位の平田真吾投手に対し、視察した侍JAPAN・小久保監督も「今日は平田が光りすぎていた」と評価、中畑監督も「ピンチで能力を発揮できるすごさがある。相手の勢いを止める。格好いい中継ぎだな」と中継ぎエースとして起用する方針を固めた。

 

平田投手絶賛

 4回、1アウト3塁の場面で打者は4番・中田翔選手、豊北高校時代は山口県大会3回戦が最高成績だった平田投手にとって、大阪桐蔭で1年生の時から甲子園で活躍していた中田翔選手は、学年が一緒の同世代のトップリーダーだった。

 その中田選手に対し、いつでもストライクを取れるという自慢のスライダーをインコースに投げると、再びスライダーを投げて見逃し三振を奪った。また続く北選手にはストレートで見逃し三振を奪い、145km/h、2回無失点と評判どおりのピッチングを見せた。

 この投球に視察した侍JAPANの小久保監督は「光りすぎていた」と話し、侍JAPAN候補にもインプットされたようだ。大学時代も3年までは練習に出なかったりしていたが、4年になりプロを意識し出してから一気に成長を見せ、ドラフト2位でプロ入りしここまで来た。今後、オープン戦、開幕1軍、1軍初登板、新人王、侍JAPAN入りと、本気モードの平田投手がどこまでステップアップしていくのか、注目したい。

 

柿田投手も好投、三上投手は失点

 また、この日はドラフト1位の柿田裕太投手が先発すると、2回を2安打無失点に抑えた。初回にヒットでランナーを許すものの続く打者を動くストレートで併殺に打ち取り、2回もランナーを背負ったものの無失点に抑えた。この日は制球を乱したが無失点に抑えるまずまずの投球だったといえる。

 また5回からは3番手としてドラフト4位の三上朋也投手が登板すると、5回は失点するも6回は無失点に抑えた。変則フォームからの投球が持ち味の三上投手、打者の特徴などを掴み、自分の球をどのように生かしていくのかを掴むところからスタートしている。こちらもまずは順調のようだ。

 

 4回1死二塁のピンチで対戦。1ボール1ストライクから得意のスライダーを投げ込むと内角から鋭角的に曲がり、中田をのけぞらせた。続く4球目もスライダー。真ん中高めに甘く入ったが、3球目の残像が効いて空振り三振だ。「スイングが凄かった。スライダーは抜けました」と冷静に振り返ったが、続く5番・北も外角直球で見逃し三振だ。2回を1安打無失点。最速145キロを計測し、3三振を奪う内容に、中畑監督は「ピンチで力を発揮する。持っているものを全て出して迫力を感じた。投げっぷりがいい。中継ぎで十分使える」と目を細めた。

  度肝を抜いたのは4回だ。1死三塁のピンチでギアを上げた。日本の4番でもある中田を追い込み「いつでもストライクが取れる」と自信のスライダーで空振り三振だ。この日の最速は145キロを計測。続く北は直球で見逃し三振に仕留めた。

 先発候補は豊富だが、中継ぎは一転して手薄なチーム事情。「ピンチで能力を発揮できるすごさがある。相手の勢いを止める。格好いい中継ぎだな」。キヨシ監督が色めき立つほどの適性。即戦力右腕も「短いイニングの方が、より思い切っていけるかも」とその気になってきた。

 次回は23日のオープン戦・日本ハム戦(名護)で登板予定。ネット裏で観戦した侍ジャパン・小久保監督も「きょうは平田が光りすぎてたね」と絶賛した。昨年12月に結婚したばかりの24歳。大ブレークの予感だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント