【オープン戦開幕、ルーキー明/暗】 横浜DeNA・ドラフト3位の倉本寿彦選手は2安打2打点

横浜DeNAルーキーニュース 阪神ルーキーニュース

 横浜DeNAと阪神のオープン戦では、横浜DeNAのドラフト3位・倉本寿彦選手、ドラフト5位・山下幸輝選手と、阪神のドラフト3位・江越大賀選手が出場した。

倉本寿彦選手、引っ張り打法で2点タイムリー

 横浜DeNAドラフト3位の倉本寿彦選手は、日本新薬時代に門田博光氏より、「思い切り体をひねって空振りしろ」とアドバイスを受け、すり足から一本足打法に切り替えると、ホームランを打てる中距離打者へと変わった。

 この日は7番ショートで出場すると第1打席は初回、2アウト満塁の場面で回ってくる。相手投手は藤浪晋太郎投手だが、インコースのスライダーを一二塁間に運び2点タイムリーヒットでのデビューを飾った。3回にも岩田投手からライト方向にヒットを記録、マルチヒットを共にライト前に持っていった。

 この活躍に中畑監督は「何か持っている。十分すぎるアピール。顔は地味だけど、やることは派手でカッコ良かった」と話すと、視察した侍ジャパンの小久保監督も、「堂々としているし、落ち着きがある。左投手のインコースにも逃げない。クロスステップで投手に背中を向けていますが、今のままでいいと思います。」と話し、このままの打法で続けていけばという評価をした。

 また、ドラフト5位の山下幸輝選手も9番サードでスタメン出場し、第1打席は外野フライも第2打席で岩田投手からライト前にヒット、また8回には四球で出塁するとすかさず盗塁を決めた。守備もサード、セカンドのポジションをこなし、倉本山下のルーキー二遊間、三遊間もあるかも!?

 

江越選手もヒット

 一方、阪神のドラフト3位ルーキー・江越大賀選手は6番ライトでスタメン出場すると、第2打席でセンター前ヒットを放ち、こちらもヒットを記録した。練習試合でも活躍を見せ、外野手争いに加わってきている江越選手、このまま外野手の一角を崩すか。

 

横浜DeNAベイスターズのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 

 日本新薬で臨時コーチを務めた南海(現ソフトバンク)などで通算567本塁打を記録した門田博光氏に「思いっきり体をひねって空振りして吐くぐらいになれ」と教えられた。「基本的には全打席引っ張って本塁打を狙っている。外角の球を流しにいくと、バットのヘッドが下がって球威に負ける」。4回にファウルで粘りながら左腕・岩田が投じた8球目、外角低めのスライダーを強引に引っ張った右前打が象徴的な打席だった。

 「9番・三塁」で先発出場。4回に岩田から右前打を放ち、8回には四球を選んで二盗を決めた。「藤浪の時に体が開いていたので、岩田さんの時は開かないように意識した。足は速くないけど盗塁は得意」。守備でも三塁、5回から二塁と無難にこなし、中畑監督も「山下幸は実戦で結果を出し続けている。貴重品だね」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント