【オープン戦開幕、ルーキー明/暗】中日ドラフト6位・井領雅貴選手は2本の三塁打、投手は明暗も

野村亮介, 井領雅貴, 浜田智博, 友永翔太, 宮崎敦次

 中日vs千葉ロッテの試合では、中日のドラフト6位ルーキー・井領雅貴選手が、3番ライトの起用に見事にこたえ、2本の3ベースヒットでチームの勝利に貢献した。投手ではルーキー投手の明暗が分かれた。

井領が一歩前へ

 中日は内野手ではドラフト4位・石川駿選手とドラフト7位の遠藤一星選手が競い、外野手ではドラフト3位の友永翔太選手とドラフト6位の井領雅貴選手が競い合う。

 共に練習試合で注目される活躍を見せているが、この日は井領雅貴選手が3番ライトで出場し、友永選手はスタメンには名前が入らなかった。その井領選手は初回に1アウト三塁の場面でライト戦に3ベースヒットを放つと、8回にも3ベースヒットを放ち5打数2安打1打点の活躍を見せた。

 友永選手は途中から8番センターで登場したものの、三振とファールフライに倒れ2打数ノーヒットに終わった。外野手争いで井領選手が一歩前進という所か。しかしドラフト3位の逆襲もありそうだ。

 

野村亮介投手は1回2失点

 また投手ではドラフト1位の野村亮介投手、ドラフト2位の浜田智博投手が3番手4番手でそれぞれ登板すると、野村亮介投手はヒットの後にホームランを浴びて1回2安打2失点、試合後に「もっと質のいい球を投げないと」と反省していた。

 浜田智博投手は1回を投げて1安打1奪三振で無失点、三振も奪えて手ごたえを感じているようだ。

 また千葉ロッテのドラフト5位で、左のリリーフとして期待を集めていた宮崎敦次投手だったが、3番手で登板したものの1回を4安打5失点と大乱調だった。試合後に伊東監督も「2軍で再調整させる」と降格となってしまった。厳しい世界だが、再びチャンスを与えられるように奮起をしてほしい。

 

中日ドラゴンズのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 いきなりチャンスで結果を出した。初回1死三塁。井領がチェンのチェンジアップをシャープに振り切った。「風にもうまく乗ってくれた」と、右翼線へ先制適時三塁打。8回にも右中間を破る三塁打をマークし「3番・右翼」に抜てきした谷繁兼任監督の期待に応えた。

 即戦力と期待される中日の新人2投手が明暗を分けた。3番手で登板したドラフト1位・野村(三菱日立パワーシステムズ横浜)は1回2失点。


PAGE TOP