【オープン戦開幕、ルーキー明/暗】 広島ドラフト1位・野間峻祥選手は本塁打+強肩

野間峻祥

 オープン戦が始まり、各チームのルーキーも実戦に挑んだ。広島カープのドラフト1位・野間峻祥選手は、1番ライトで出場すると、いきなりホームラン、レーザービームを披露した。巨人の一昨年のドラフト1位・小林誠司選手も、その野間選手を2度刺すなど強肩を見せた。広島vs巨人の試合から

大活躍

 野間峻祥選手は第1打席で四球で出塁すると、果敢に盗塁を仕掛けたものの小林誠司捕手の強肩でアウトになる。3回の第2打席も三振と、まだ緊張感が取れない雰囲気だった。しかし、その3回裏に守備で魅せる。2アウト1,3塁の場面で一二塁間を割る打球が転がってくると、1塁走者が2塁を回った事を確認しサードに送球、ダイレクトで捕球されてアウトを奪った。

 それでスタンドから大歓声を受けると、6回には巨人の小山投手のインコースのストレートを振り抜き、ライトスタンドに放り込んだ。7回にはゴロで出塁し再び盗塁を仕掛けるも2度目の盗塁死をしたが、打って守って走って躍動感を見せた。

 野間峻祥選手は広島カープのドラフト1位選手、広島は有原航平投手の抽選を外すと、野間選手を1位指名した。一方、野間選手には巨人もドラフト上位で獲得を狙っているという報道もあった。もし広島が1位指名をしていなくても、巨人の2位まで残ってはいなかったと思うが、狙っていた選手が活躍しスカウトも悔しい思いの反面、うれしさも感じていそうだ。

 

一昨年のドラフト1位も活躍

 一方、巨人も一昨年のドラフト1位・小林誠司捕手が3つの盗塁を刺し、巨人の正捕手として一歩一歩ステップアップしている。

 これまでの練習試合では3つ盗塁を許すなど、送球がシュート回転していたりと精度に欠いていたようだが、この日はそれを修正しての活躍だった。

 野間選手、小林選手とドラフト1位で指名された野手が活躍を見せる。ドラフト1位の指名は投手が多い中で野手で指名を受けるのは、やはりプレーの質が高く、元々の素質も高い。

 

広島東洋カープのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 名刺代わりの弾丸ライナーだ。ドラフト1位の野間=写真=が6回、先頭で小山の高めに浮いた直球を強振。強烈な打球は、そのまま右翼席で弾んだ。「追い込まれるまでは好きな球に絞って、真っすぐオンリーでした」。思わず白い歯を見せた。


PAGE TOP