横浜DeNA、ドラフト1位、2位ルーキーが巨人戦先発

濱口遥大, 水野滉也

横浜DeNAは今日からの巨人戦3連戦に、ドラフト1位、2位のルーキーがそれぞれ先発する。

ルーキーが挑戦

今日はドラフト1位の濱口遥大投手が予告先発され、球界のエース・菅野智之投手と投げ合う。濱口投手はこれまで先発ローテーションを守り2勝を挙げている。防御率も1.17と安定しており、23イニングで26三振を奪うなど、150キロのストレートとチェンジアップでプロの打者からも三振を奪えている。

巨人はWBCのエースでもあった菅野投手が先発し、大エースとの投げ合いとなる。

また5月3日はドラフト2位の水野滉也投手が先発をする予定。水野投手はまだ1軍での登板は無く、初先発初登板となる。4月23日のイースタンリーグ・日本ハム戦で先発すると、8回を1安打無失点に抑える好投を見せた。

やや横から投げられる変幻自在に動く球は、初対戦では難しい。落ち着いて投げることができれば、良い投球を見せられるだろう。

東北楽天もルーキーの活躍でパリーグ首位に立っている。ルーキーがペナントレースを左右する力を見せる事もある。

2017年ルーキーの活躍・成績一覧

2戦目はプロ初登板となる水野の先発が濃厚となった。4月23日のイースタン・リーグ、日本ハム戦(鎌ケ谷)で8回1安打無失点と好投して1軍昇格。2軍で調整中の石田、クラインに代わる存在として「不安より楽しみが大きい。投げるからには誰よりも長く長くマウンドにいたい」と意気込んだ。


PAGE TOP