国学院大・山崎剛選手が好プレーで優勝に王手

中央大, 鍬原拓也, 国学院大, 山崎剛

東都リーグは国学院大が中央大に連勝し、優勝に王手をかけた。山崎剛選手がファインプレーで試合を締めた。

3併殺

山崎剛選手は4回、1アウト1塁の守備で二遊間の打球にスライディングしながら捕球をすると、自らセカンドベースを踏んでファーストに送球し、併殺を完成させた。打球に対して「体が勝手に反応した」と菊池選手のようなのスライディングによる捕球だった。

また、2回、5回には6-4-3の併殺をきっちりを完成した。この日は国学院大の先発・小又圭甫投手が2回で4つの四球を与えるなど不調、3回から登板した2年生の吉村貢司郎投手も3つの四球を与え3回に1失点するなどしたが、内野守備陣が踏ん張り、試合を締めた。

5回以降は4年生左腕の宮内崇匡投手が5イニングを1安打無失点に抑える好投を見せ、6回に代打で登場した鎌仲純平選手の犠牲フライで勝ち越し、2-1で勝利した。

国学院大は次週の東洋大のカードで勝ち点を取り、日大が勝ち点を落とせば優勝が決定する。

中央大はエース奮闘も

中央大はこの敗戦で優勝争いから脱落した。再三のチャンスがあったものの、スクイズ失敗などで2点目が奪えなかった。6回途中からは鍬原拓也投手が連投となるマウンドに上り、2回1/3を2安打4奪三振で無失点に抑えたが、優勝には届かなかった。

それでも中央大は、昨年は最下位争いをするなどチームの状態は良くなかった。しかし今年は清水監督が復帰するとすぐに結果を出した。

エース・鍬原投手はここまで7試合に投げて3勝2敗と奮闘をしている。33回1/3で奪三振は40を数え、2試合に完封し、ドラフト上位候補に躍り出た。まだ試合は続く。5勝をすることができれば、堂々の成績といえるだろう。

2017年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

2017年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

国学院大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

同点の4回1死一塁では二遊間の難しい打球を「体が勝手に反応した」とスライディングしながら捕球し、自らベースを踏んで併殺を完成。2、5回にも6―4―3の併殺でピンチの芽を摘み、6回の代打・鎌仲の決勝犠飛につなげた。


PAGE TOP