DeNA、ドラフト1位の松尾汐恩捕手がキャンプ1軍スタート有力に

横浜DeNAルーキーニュース

横浜DeNAのドラフト1位ルーキー・松尾汐恩選手が、2月1日から始まる春季キャンプで、宜野湾の1軍キャンプからスタートすることが有力となった。

スポンサーリンク

23日に決定

松尾汐恩選手は大阪桐蔭出身の18歳、キャッチングやスローイング、そして木製バットでの打撃などが評価され、ドラフト会議では1位で指名をされた。

三浦監督は昨年に、ドラフト1位の高校卒ルーキー・小園健太投手も「プロのレベルを体感させたい」という意向で1軍キャンプスタートとしてが、松尾選手も、今永投手や山崎康晃選手といった主力投手の球を受けることで成長させる意向を持つ。

大阪桐蔭の卒業式に出席した松尾選手は、共に甲子園で優勝を果たしたメンバーと再会して英気を養った。そしてこの日は新人合同自主トレでドラフト5位の橋本達弥投手の球を受けるなど、1軍キャンプスタートに向けての準備を進めている。

昨年は千葉ロッテのドラフト1位ルーキーだった松川虎生捕手が、高校卒ながら1軍でマスクを被り、76試合に出場している。松尾選手も同じくらいの活躍ができる力はあると思う。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
DeNAドラ1・松尾 春季キャンプ1軍スタート確実 18歳捕手英才教育へ - スポニチ Sponichi Annex 野球
 DeNAのドラフト1位・松尾汐恩捕手(18=大阪桐蔭)が2月の春季キャンプで沖縄・宜野湾の1軍スタートが確実であることが22日、分かった。23日のスタッフミーティングで決定する。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント