2023年注目の大学生のドラフト候補~野手編~

ドラフト候補リスト 大学野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

2023年の注目の大学生野手のドラフト指名予想をしてみます。

スポンサーリンク

大学生野手のドラフト上位候補

 選手名大学投打特徴評価
進藤勇也上武大右右181/83A
広瀬隆太慶応大右右182/91B

昨年の1月時点では蛭間拓哉選手、矢澤宏太選手、森下翔太選手、澤井廉選手の4人を上位候補に挙げたが、今年は2名。

進藤勇也捕手は筑陽学園時代にセンバツ大会で正確なスローイングとリードやキャッチングのうまさなどが注目され、上武大に進学すると、2020年に北海道日本ハムにドラフト3位で指名された古川裕大捕手がいた中で、1年生だった進藤捕手がマスクを被って、古川選手が別のポジションで出場するなど捕手として評価が高く、昨年も4年生に小山忍捕手という打撃と肩の強さでプロが注目する捕手がいたが、進藤選手が出てくると試合の流れを変え、また強烈なスローイングを見せて圧倒していた印象を受ける。

昨年秋からは3年生ながら上武大の主将となり、チームを明治神宮大会に導いた。昨年12月の侍ジャパン大学代表候補合宿でも鋭い送球を見せていた。しかし、送球は圧倒的に速いものの、同じ候補だった日本大の友田佑卓捕手と二塁への送球タイムは同じくらいで、まだモーションの改善などで速くなる余地もある。

そして、打撃に関しては2年春に打率.365、3本塁打を記録し、昨年秋も打率.364、4本塁打を放った。関東大学選手権でも日体大戦でホームランを放っている。しっかりと結果を残しているが、侍ジャパン大学代表候補合宿ではもう少し打撃がほしいとも思った。捕手としても打撃でももっと成長ができそうで、その姿を今年見せることができれば、ドラフト1位指名でプロ入りすることになりそうだ。

もう一人は広瀬隆太選手。東京六大学リーグでは1年の秋からコンスタントにホームランを打ち続け、昨年は春4本、秋3本を放つなど、リーグ通算で13本塁打となった。侍ジャパン大学代表候補合宿でも150キロ超の球を投げた冨士隼斗選手から、広い坊っちゃんスタジアムのレフトスタンドに飛び込む、まさに目の覚めるような一発を放ち、その存在感を見せた。

今年は春5本、秋5本以上を打ち、昨年巨人ドラフト2位の萩尾匡也選手の年間9本を越え、高橋由伸選手のリーグ通算23本塁打に並ぶか更新すれば、ドラフト2位までには消える事になりそうだ。

 

その他、ドラフトで指名されそうな高校生投手

 選手名学校投打特徴評価
友田佑卓日本大右右173/73B-
小山翔暉亜細亜大右左175/76B-
有馬諒関西大右右183/81B-
松浦佑星日本体育大右左171/64B
上田希由翔明治大右左182/90B
今泉颯太法政大右右178/80B-
辻本倫太郎仙台大右右168/68C+
宮崎一樹山梨学院大右右184/82B
中島大輔青山学院大右左180/78B-
西村進之介専修大右左181/83B-
田中大聖太成学院大右左178/92B

捕手では友田佑卓選手がモーションの速さと安定したスローイングで、進藤捕手と同じ位の二塁送球タイムを記録する。打撃に課題がありそこでアピールができるかどうかが指名の鍵になりそう。亜細亜大の小山翔暉捕手は高校時代に長打力と強肩が注目された。大学では昨秋にようやくレギュラーとして起用されており、今年春の成績が大きく影響をしそう。関西大の有馬諒選手は近江高校時代から注目されていた捕手で、大学代表候補の常連でもある。打撃では3割以上を残す安定さが光り、ホームランはまだリーグ戦で0本も盗塁が多い選手でもある。センスが光るもののアスリートとしてのパワーや力でもプロでやっていけるというアピールがほしい。

内野手では二遊間の候補として松浦佑星選手、今泉颯太選手、辻本倫太郎選手の3人が挙げられる。松浦選手は50m5.9秒の俊足で高校時代から注目されており、遊撃手、二塁手としても柔らかさと俊敏さをもっていて、プロでも十分守れるところにいる。昨秋は打率.364を記録したが、その成績を今年春・秋にものこし、出塁ができるかどうかが評価のポイントになりそうだ。

今泉選手はシャープな打撃が非常に魅力な選手で、昨春は3本塁打と長打力も見せた。しかし昨秋は打率.209と打率が低く、侍ジャパン大学代表候補合宿の紅白戦でも結果が出せていないのが逆に不思議にも感じる。共にレベルの高いリーグでプレーをしているという事もあるが、その中で結果を残すためにスイングスピードを速くして速球についていける打撃ができるようになれば、一気に開花しそうだ。

辻本選手は松浦選手との比較となる。ショートの守備は個人的には互角、松浦選手が足がある分、辻本選手は打撃でアピールが必要。候補合宿で一昨年にも参加をしており常連となっている。そして昨年は初日の主将を務めるなど、リーダーシップも評価される。

上田希由翔選手は一塁手として守備の動きが良く、昨春に打率.368記録し、秋は2本塁打を放つなどリーグ通算は6本塁打。打撃に関しては更に成績を挙げてきそうで、今年は春秋ともに打率.330、3本塁打くらいの成績を残してほしい。

外野手では宮崎一樹選手、中島大輔選手、西村進之介選手の3人を挙げた。宮崎選手と中島選手は似たタイプで、俊足・強肩の3拍子揃った選手。共に足を生かすための打撃が注目されるが、宮崎選手は昨秋の関甲新リーグで5本塁打、24安打を記録するなど素晴らしい成績を残した。それでも候補合宿の紅白戦では150キロ級の球を投げる投手に苦労もしており、高いレベルでどれだけやれるかが鍵となる。リーグで評価の高い投手や、全国大会での活躍がアピールとなりそうだ。

中島選手も足は宮崎選手とトップを争い、肩の強さや守備の動きのシャープさが目立った。昨春の東都リーグでは打率.298、1本塁打、4盗塁、秋は2本塁打を放ちベストナインに選ばれたものの打率.244、盗塁は0だった。打率は.330以上、盗塁も10前後は記録してほしい。

西村選手は昨秋の東都2部で打率.409、4本塁打を記録し一気にブレークした。思い切りが良く、しっかりと振り抜くスイングがすばらしい。今年の春・秋も同じ成績を残すことができれば、ドラフト会議での指名が近づく。

そして田中大聖選手は、投手として153キロの速球が注目されるが、近畿学生リーグ2部で首位打者を獲得するなど野手としてもスカウトが評価をしている。最終的には投手としての指名となると思うが、二刀流の可能性も探りたい。

指名順位予想

最後に2022年のドラフト指名と比較して、指名順位を予想してみる

順位2022年2023年予想
1~2位矢澤宏太・外・日本体育大(1位)
蛭間拓哉・外・早稲田大(1位)
森下翔太・外・中央大(1位)
村松開人・内・明治大(2位)
友杉篤輝・内・天理大(2位)
萩尾匡也・外・慶応大(2位)
進藤勇也・捕・上武大(1位)
広瀬隆太・内・慶応大(2位)
3~4位澤井廉・外・中京大(3位)
林琢真・内・駒澤大(3位)
甲斐生海・外・東北福祉大(3位)
門脇誠・内・創価大(4位)
杉澤龍・外・東北福祉大(4位)
松浦佑星・内・日本体育大
上田希由翔・内・明治大
今泉颯太・内・法政大
田中大聖・投・太成学院大
5位以下北村恵吾・内・中央大(5位)
奈良間大己・内・立正大(5位)
田中幹也・内・亜細亜大(6位)
吉田賢吾・捕・桐蔭横浜大(6位)
久保修・外・大阪観光大(7位)

友田佑卓・捕・日本大
辻本倫太郎・内・仙台大
西村進之介・外・専修大

育成名原典彦・外・青森大
辰見鴻之介・外・西南学院大
野口恭佑・外・九州産業大
橋本星哉・捕・中央学院大
中村貴浩・外・九州産業大
山口アタル・外・テキサス大タイラー校
是澤涼輔・捕・法政大
永田颯太郎・内・台湾体育運動大
村上喬一朗・捕・法政大
重松凱人・外・亜細亜大
西尾歩真・内・中京学院大
小山翔暉・捕・亜細亜大
有馬諒・捕・関西大
宮崎一樹・外・山梨学院大
中島大輔・外・青山学院大
2023年度-大学生捕手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2023年度-大学生内野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2023年度-大学生外野手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント