オリックス、山岡・黒木などルーキー4投手がそれぞれ1回無失点

沢田圭佑, 黒木優太, 小林慶祐, 山岡泰輔

オリックスは広島と練習試合を行い、ドラフト1位の山岡泰輔投手、2位の黒木優太投手、5位の小林慶祐投手、8位の沢田圭佑投手が1イニングずつを投げ、それぞれ無失点に抑えた。

もっと見たかった

先発したドラフト1位の山岡投手は、やや球は高めだったものの最速は145キロ、右バッターのインコースにも投げられわずか5球で三者凡退に抑えた。山岡投手は「5球というのは理想に近い。27球で終わりたいタイプです」と話した。

この日は1イニングの登板を決めており、期待のドラフト1位の登板がわずか5球に終わった事で福良監督は「もっと見たかった」と残念がった。

2回はドラフト2位の黒木投手が登板し、こちらもまだ球は高かったが最速147キロの伸びのある球を投げ、こちらも広島の主軸を三者凡退に抑えた。「バランスが悪く、シュートする直球もあったので。30点です」と話したが、期待の速球派の期待が高まる内容だった。

3回にはドラフト5位の小林投手が登板し1回を1安打無失点、6回にはドラフト8位の沢田投手が1回をノーヒットに抑えた。福良監督は「4人ともよかった」と話し、ルーキー投手たちに期待を膨らませた。

2017年ルーキーの活躍・成績一覧

先発した山岡はMAX145キロの直球を主体に、わずか5球で三者凡退に仕留め、福良監督を「もっと見たかった」と残念がらせるほどの安定感を披露。本人も「5球というのは理想に近いです。この球速で9回を投げられれば。27球で終わりたいタイプです」と手応えを口にした。


PAGE TOP