広島カープ、ドラフト2位の薮田和樹投手が7月2日巨人戦先発へ

広島カープルーキーニュース

 広島カープは昨年のドラフト会議で、大学で公式戦登板わずか2試合の薮田和樹投手を2位で指名した。その薮田投手が7月2日の巨人戦に先発する可能性が高まったという。

7月2日先発か

 薮田和樹投手は亜細亜大学時代に山崎康晃投手などと同学年で、チームは4年間8季を戦って6度のリーグ制覇をしている。しかしチームでは東浜巨投手、九里亜蓮投手、そして同期の山崎康晃投手などがおり、また監督ともそりが合わなかったようで登板機会はわずか2試合のみだった。

 しかしその2試合で150km/hを記録する衝撃的な投球を見せ、広島カープはドラフト2位という高い順位で指名して話題となった。その薮田投手は実戦経験も少ない事から育成してという方針もあったようだが、2軍で8試合を投げて4勝1敗、防御率1.70という成績を残し、6月17日には1軍の練習に参加すると、7月2日、初物に弱いといわれる巨人戦に登板する可能性が高くなった。

 188cmから150km/hの速球を投げる薮田投手がいよいよベールを脱ぐ。

2014年ドラフト会議/指名選手一覧 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

無名右腕にビッグチャンスが到来だ。広島のドラフト2位薮田和樹投手(22)が、7月2日巨人戦に先発する可能性が高まった。150キロ右腕は25日、ウエスタン・リーグ中日戦に先発し、5回1失点。中6日でのデビューが濃厚となった。畝投手コーチは「肩の状態は問題ない。チャンスは来るだろう」と話した。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント