広島カープ、ドラフト1位の黒原投手、2位・森投手、3位・中村選手、5位・松本投手、6位・末包選手が1軍キャンプスタート

広島カープルーキーニュース

広島カープはスタッフ会議を開催し、1軍、2軍キャンプ振り分けを行った。ルーキーではドラフト1位の黒原拓未投手、2位の森翔平投手、3位の中村健人外野手、5位の松本竜也投手、6位の末包昇大外野手の5人が1軍キャンプスタートとなった。

スポンサーリンク

昨年は4名

広島カープは、昨年はドラフト1位の栗林良吏投手、2位の森浦大輔投手、3位の大道温貴投手、6位の矢野雅哉内野手の4人が1軍キャンプスタートとなり、全員がシーズンに1軍出場を経験、栗林投手はリーグを代表するリリーフとして新人王に輝いている。

昨年のドラフト会議では左腕投手と外野手を主に獲得し、ドラフト1位の黒原拓未投手は大学を代表するキレのあるストレートと鋭い変化球を投げる左腕投手、2位の森翔平投手も球速以上のキレを感じる左腕投手で、ともに即戦力として先発での投球が期待される。

右腕ではドラフト5位の松本竜也投手が、150キロの球速もさることながら、回転の良い球を投げ、先発やリリーフで快投を見せる可能性がある。このキャンプでも話題として取り上げられるのではないかと思う。

そして、鈴木誠也選手の抜ける外野手では、中村健人選手、末包昇大選手の長打力のある2枚が加わる。中村選手は打率は高くないかもしれないが、ホームランと打点を稼げる選手で、末包選手はポーンとスタンドまで運ぶ打撃で、オリックスの杉本選手のようなプロでの成長が期待される。

佐々岡監督の元で、投手陣の強化が急ピッチに進み、昨年のルーキーだった右腕と今年のルーキー左腕が融合し、リーグを代表する投手陣になりたい。そして鈴木選手の抜ける打線に、中村選手などがサクッと入ってくることを期待したい。

2022年キャンプ、ルーキー選手の1軍・2軍振り分け一覧
2021年のドラフト会議で指名されたルーキー選手の、キャンプの1軍・2軍の振り分け一覧です。
2021年キャンプ、ルーキーの振り分け一覧
2020年のドラフト会議で指名された選手の、キャンプのスタートの振り分け状況です。
Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント