東北楽天、ドラフト2位・安田選手、5位・松井投手、6位・西垣投手、7位・吉川投手が1軍キャンプスタート

東北楽天ルーキーニュース

東北楽天は1軍、2軍キャンプの振り分けを発表し、ルーキーではドラフト2位の安田悠馬選手、ドラフト5位の松井友飛投手、6位の西垣雅矢投手、7位の吉川雄大投手の4人が1軍キャンプスタートとなった。

スポンサーリンク

ファーストを守らせる

愛知大学リーグ2部でプレーしていたものの、強烈な打撃が評価されてドラフト2位で指名された安田悠馬選手について石井監督は、「キャッチャーで勝負してほしい」と打てる捕手として期待をしたものの、「違うポジションにいったら違う景色が見える」と、このキャンプではファーストを守らせる考えを明らかにした。

石井監督はその考えについて、「ファーストをやっていれば5打席、10打席余計にもらえる」と、捕手としては出場させられなくてもファーストを守れれば「バッティングも魅力なので」と打者として起用できる。複数ポジションを守らせて出場数を増やしたいと話した。

即戦力投手

また、大学・社会人からプロ入りしたドラフト5位の松井友飛投手、6位の西垣雅矢投手、7位の吉川雄大投手も1軍キャンプスタートとなった。

松井投手は188cmの大型右腕で150キロを越す速球をなげ、大学4年時はスピードとともに、実践的な投球を見せていた。西垣投手も早稲田大の2番手として、動く球を中心に4年秋はストレートの力も取り戻していた。吉川投手は社会人野球ではそれほど印象に残る投球はないものの、スカウトがこの1球というものを見定めての指名だったとみられ、リリーフとしての活躍が期待される。

昨年はドラフト1位の早川隆久投手がまず結果を残し、瀧中瞭太投手も台頭した。岸投手、則本投手、田中将大投手などベテランが並ぶ中で、若手投手の競争も激化させている。ベテランぜいの一角を崩すようなルーキー投手の活躍を期待したい。

2022年キャンプ、ルーキー選手の1軍・2軍振り分け一覧
2021年のドラフト会議で指名されたルーキー選手の、キャンプの1軍・2軍の振り分け一覧です。
楽天キャンプの1軍・2軍メンバー発表 西川は1軍スタート、涌井は2軍から調整/デイリースポーツ online
 楽天は20日、来月沖縄県内で行われるキャンプメンバーの振り分けを発表した。新加入の西川遥輝は1軍スタートとなった。 キャンプは1軍が金武町ベースボールスタジアムで、2軍はうるま市具志川球場でそれぞれ2月1日から始まる。
楽天・ドラ2安田 一塁挑戦プラン明かす「バッティングには自信がある」/デイリースポーツ online
 楽天・石井一久監督(48)が20日、仙台市で行われた監督コーチ会議に出席。1軍キャンプが内定したドラフト2位・安田悠馬捕手(22)=愛知大=について「違うポジションにいったら違う景色が見える」と一塁も守らせる考えを明かした。 指揮官は「キャッチャーで勝負してほしい」と前置きした上で「バッティングも魅力なので」とその打...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント