広島カープ、ドラフト1位・黒原拓未投手はリリーフ起用へ、森翔平投手もフリー打撃に登板

広島カープルーキーニュース

広島カープのドラフト1位ルーキー・黒原拓未投手と、ドラフト2位ルーキーの森翔平投手がそれぞれフリー打撃に登板し、黒原投手について佐々岡監督は「リリーフで面白いかな」と話した。

スポンサーリンク

真っ直ぐが力強い

昨年の栗林良吏投手に続き、今年もドラフト1位ルーキーがリリーフで登板する可能性が高くなった。

この日、黒原拓未投手がフリー打撃で初登板すると、會澤選手、菊池選手、林選手といった主力や、同じルーキーの末包選手を相手に41球を投げ、安打せいのあたりは8本、最速は144キロを記録した。

この投球を見た佐々岡監督は、「力み、ばらつきもあった。」としたものの、「決まる球は真っすぐが力強い」と評価し、「リリーフで面白いかな」とリリーフでの起用を計算していることを明かした。

カープでは昨年もドラフト1位の栗林投手が抑えとなり、37セーブを挙げて新人王となったが、その栗林投手に繋ぐ8回の投手が課題で、「そこは競争。誰が入ってくるかが楽しみな半面、黒原が入ってくれれば層が厚くなる」と期待をしているという。

個人的にもキャンプ前の予想でリリーフでの起用の可能性があるとしたが、リリーフで活躍するためにはさらに球威も求められる。黒原投手は「いろいろ課題を修正している段階。うまくかみ合わない部分は多くあると思うが、とにかく自分だけの形、バランスを身につけて染みこませて、どんどん良い球の確立を上げていければ」と話た。

一方、ドラフト2位ルーキーの森翔平投手もフリー打撃に初登板すると、栗原投手と同じ打者を相手に42球を投げ、安打性のあたりは7本、最速は144キロを記録した。

右打者へのアウトコースの投げ分けが悪かったと反省し、會澤選手からも「そこをしっかり投げられるように」と指摘された。それでも「球的には良い球が来ている。まだまだこれから。しっかり頑張れ」と激励を受けた。

「変化球も入ってくるので、バッターを見ながらどういうボールを待っているかとか考えて観察しながら投げていきたい。1球1球意図を持って投げていきたい」と、今後の実戦投球で変化球、制球を磨いていく。

今日プロ野球キャンプスタート、開幕1軍に残るルーキーは?【セ・リーグ編】
今日からプロ野球キャンプがスタートする。1軍・2軍キャンプに振り分けられたルーキーの中で、注目したい選手をピックアップし、開幕1軍に残るのは誰かを予想します。セリーグ編。
【広島】ドラフト1位左腕・黒原拓未、フリー打撃初登板「ここから良い方向に」佐々岡監督「真っすぐ力強い」
 広島のドラフト1位・黒原拓未投手(24)=関学大=が24日、フリー打撃に初登板した。

投球を見守った佐々岡監督は「(打者が)キク(菊池涼)とアツ(会沢)で力み、ばらつきもあった。決まる球は真っすぐが力強い」と評価。起用法については「リリーフで面白いかな」という感じがしていると中継ぎとして考えていることを明かした。チームは守護神・栗林につなぐ「8回の男」が課題。島内、塹江らが候補に上がるが「そこは競争。誰が入ってくるかが楽しみな半面、黒原が入ってくれれば層が厚くなる」と大きな期待を寄せる。

【広島】ドラフト2位左腕・森翔平、会沢翼に「どうですか?」“直撃取材”で助言求める…フリー打撃初登板
 ドラフト2位・森翔平投手(24)=三菱重工West=が10日、フリー打撃に初登板した。会沢、菊池涼、林、同6位・末包(すえかね)=大阪ガス=相手に42球を投げ安打性の当たりは7だった。最速は144キ

登板後の昼食の時に会沢に自ら声をかけ「どうですか?」とアドバイスを求めた。左腕は右打者の外角、左打者の内角への投げ分けが悪かったと反省。会沢からも「そこをしっかり投げられるように」と修正点も指摘された。また、「球的には良い球が来ている。まだまだこれから。しっかり頑張れ」と激励の言葉をもらった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント