中日ドラフト1位・柳裕也投手が初ブルペン

柳裕也

中日のドラフト1位ルーキー・柳裕也投手がこの日、初のブルペン入りした。捕手を立たせたまま16球を投げた。

森監督は信頼

柳投手は5割程度の力で16球を投げ、「今日に関してはフォームや球どうこうより、ブルペンに入って投げること。自分を制御してマイペースでやれたと思います」と話し、マイペースを強調した。

森監督は投球の様子を見ることができなかったようだが、「オレが引いたヤツだから大丈夫」と全幅の信頼を寄せる。2月1日には捕手を座らせて全力投球できる状態に徐々に上げていく。

柳投手は昨年は春のリーグ戦で6勝1敗、夏に壮行試合や日米大学野球で投げ、秋は5勝0敗、さらに明治神宮大会でもエースとして優勝をしている。やや疲労も残っているだろうが、昨年1年間を投げきった事が自信になっていると思う。

普通に仕上げる事ができれば1年間投げられる投手となるだろう。

2016ドラフト指名選手 | ドラフト会議ホームページ2017 Draft home page

冷静に調整の段階を踏んだ。「今日に関してはフォームや球どうこうより、ブルペンに入って投げること。自分を制御してマイペースでやれたと思います」。


PAGE TOP