ルーキーたちの2月までの採点・中日編

2月1日にキャンプインしてから1か月がたち、開幕まであと1か月となった。開幕1軍を手にするルーキーは?中日のルーキーの2月の採点です。

中日のルーキーの2月の評価

◎開幕1軍へ順当 ○開幕1軍当落線上 △次に結果出さなければ教育リーグ

1軍キャンプスタートするルーキーは?

ドラフト1位:根尾昂選手・・・○

キャンプ前の肉離れもあり2軍で調整をしている。しかし、元々の期待度が高く、1軍首脳陣も首を長くして待っている状況で、3月序盤のオープン戦では京田選手と入れ替わりでショートに入るだろう。そこで打撃や守備でアピールできるか。そこでスタメンショートを取れるくらいの評価にならなければ、ショートとしての経験を積ませるため教育リーグにという判断をされるかもしれない。

ドラフト3位:勝野昌慶投手・・・△

26日の巨人との練習試合で1回2失点、「満足いく結果じゃなかったが、直球やフォークは不満がなかった」と話したがスライダーを簡単に打たれたと話した。次の登板で無失点の投球ができなければまずは教育リーグでとなるかもしれない。

ドラフト6位・滝野要選手・・・△

2月19日に2軍キャンプへ降格した。しかし2軍の練習試合ではハンファ戦で2安打を打ち、プロ関係者から高い評価をされている。開幕1軍には2軍でこのまま打ち続けるしかない。強肩で足もある外野手で、中日は外野手として下から突き上げる選手がなかなか出てこない事もあり、期待をしたい。

中日ドラゴンズ、過去のドラフト指名一覧


PAGE TOP