楽天ドラフト5位ルーキー・入江大樹選手は左肩手術、復帰まで6ヶ月

東北楽天ルーキーニュース

東北楽天のドラフト5位ルーキー・入江大樹選手が、左反復性肩関節脱臼による修復術」の手術を受けた。復帰まで6ヶ月の見込み。

スポンサーリンク

昨年9月に痛める

入江大樹選手は、昨年9月中旬に左肩を痛めており、検査を受けていたという。その後、何度か検査を受け、早めに手術をした方が良いという判断となり、新人合同自主トレ中のこの日、手術が行われた。

昨年10月のドラフト会議では5位で指名されているが、故障についてはドラフト指名前には球団側も把握していたと見られ、早めの手術となった。復帰までには6ヶ月かかるとされる。入団直後に長い離脱となってしまうのは残念だが、脱臼のくせが残る中でプロ野球人生を過ごす事は、仮に活躍をし始めた中で脱臼により離脱ということが繰り返されると、マイナスになってしまう。今のうちにしっかりとリスクを減らし、長い野球人生を送って欲しい。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。
楽天D5・入江が左肩手術へ 新人合同練習は欠席
 楽天は12日、ドラフト5位ルーキー入江(宮城・仙台育英高)が左肩の手術を受けることになったと発表した。この日の新人合同練習は欠席した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント