北海道日本ハム、ルーキー3人がプロ初安打!

石川亮, 渡辺諒, 岸里亮佑

 プロ野球は両リーグとも優勝やCS出場チームが決まり、来年以降に向けた選手起用も見られる。北海道日本ハムvs埼玉西武の試合では北海道日本ハムのドラフト1位・渡辺諒選手、ドラフト7位・岸里亮佑選手、ドラフト8位・石川亮選手が1軍に昇格してすぐに出場すると、3人ともプロ初安打を記録した。

高校生ルーキー

 渡辺諒選手はサードの守備につくと、6回のプロ初打席でレフト前ヒットを放った。岸里選手はレフトで先発すると、初回の初打席は三振に倒れたが、4回にセンター前ヒットを放つと、6回にはセカンド内野安打を記録し、足の速さも見せた。

 また捕手の石川亮選手もスタメン捕手としてマスクをかぶると、2回に7失点、9回まで9失点で8-9とリードではプロの洗礼を浴びたが、打撃では初回の初打席でいきなり3ベースヒットを放った。

 埼玉西武では5番DHで森友哉選手が出場、この日は4打数1安打だが1打点を挙げている。

 昨年のドラフト会議で1位指名された高校生は松井裕樹投手、森友哉選手、渡辺諒選手の3人、他にも高校生野手に注目選手が集まり、それぞれが活躍を見せ始めている。

 高校生ルーキーはチームに明るい希望を見せてくれる。

 

 先発の新垣が梅田に満塁本塁打を浴びるなど7失点と崩れ、4回に2番手の矢貫がメヒアに勝ち越し2ランを許した。乱打戦を落とし、連勝は5で止まったが、高卒新人の渡辺、岸里、石川亮がそろってプロ初安打をマークしたことは明るい材料。栗山監督も「オフの過ごし方も変わってくる。ここからが大事」と今後の成長に期待を寄せた。


PAGE TOP