巨人ドラフト1位・小林誠司捕手が強肩見せ、他球団スコアラーが1軍レベルと評価

巨人ルーキーニュース

 巨人のドラフト1位、小林誠司捕手が韓国LGとの練習試合で自慢の肩とリード、さらに打撃でも鋭い当たりを見せ一歩一歩ポスト阿部の道を進んでいる。

 

他球団も警戒

 練習試合では初回に2アウト1塁の場面で盗塁を予測し素早い送球をすると、糸を引くように坂本選手のグラブに納まり、ランナーはセカンドベースの2m手前でスライディングを諦めた。余裕のアウトを見せた。また先発したFAで巨人入りした大竹投手を、内角を突くピッチングで2回2安打無失点に抑えるリードも見せた。

 また打撃でも3回にレフト戦に2ベースヒットを放つなど活躍を見せた。東京ヤクルトの衣川スコアラーは、「肩の強さだけなら球界トップクラス。打撃もキャンプの序盤に比べたら対応している」と話すと、横浜DeNAの・斎藤スコアラーも「レーザービーム。肩は一級品。バットも振れてきたし1軍で活躍できるレベル」と評価、阿部選手に続く巨人の捕手として警戒していた。

 

満を持して指名

 巨人は昨年のドラフトで捕手の指名をポイントとして挙げ、森友哉選手や桂依央利捕手などを視察していた。その中でも小林選手には複数スカウトが視察に訪れるなど入念にチェックをしており、上位での指名を決めていた。ドラフト2位では他球団が先に指名していたかもしれないが、ドラフト1位で石川歩投手の抽選を外した事で小林選手を指名できている。

 捕手にはある程度の経験が必要で、素質の高い捕手を我慢強く使っていく必要がある。阿部選手がケガなどで一塁を守ったり4番を外れたりをする場面も見られ、阿部選手がいるうちに多くを経験して一本立ちして欲しい。

 

 糸を引くように真っすぐで、美しい軌道だった。小林がついにレーザービームを披露した。初回、「2番・右翼手」の林載哲(イム・ジェチョル)が左前安打し、2死一塁の場面だ。林が走ったのを確認すると、無駄のない動きで二塁へ正確に送球。坂本が捕った時には、林はベースからまだ2メートルも手前だった。「盗塁は頭にあったので、普段通り、落ち着いてできたかなと思います。持ち味なので、少しホッとした部分もあります」。スライディングもさせない、完璧なひと刺しだった。

 リードでも魅せた。試合前、初コンビの大竹と内角を厳しく突くことを確認。その通りの配球で、先輩右腕を2イニング0封に導いた。「一番難しい内角を攻めることができたと思います。大竹さんと試合後にも話せましたし、いろんな投手と組むことで、引き出しが増えていると思います」と小林。大竹も「積極的で強気な攻めをしてもらった。肩も強いし、頼もしいです」と信頼を寄せた。

 打撃でも3回無死、左翼線二塁打。視察した他球団のスコアラー陣が舌を巻いた。ヤクルト・衣川スコアラーは、手元で計った捕球から二塁到達までのタイムが1秒93だったことを明かし、「肩の強さだけなら球界トップクラス。打撃もキャンプの序盤に比べたら対応している」と絶賛。DeNA・斎藤スコアラーは「レーザービーム。肩は一級品。バットも振れてきたし1軍で活躍できるレベル」と警戒を強めた。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント