千葉ロッテ、井上晴哉選手が4戦3発、福岡ソフトバンク・岡本健投手、森唯斗投手も好投

千葉ロッテルーキーニュース 福岡ソフトバンクルーキーニュース 北海道日本ハムルーキーニュース

 ルーキー達が実戦でアピールを続けている。千葉ロッテの井上晴哉選手は北海道日本ハムとの練習試合で4打数2安打2打点、右中間スタンドに狙って運ぶホームランを見せ、これで実戦4試合で3発を記録した。また福岡ソフトバンクのドラフト3位・岡本健投手、ドラフト2位の森唯斗投手も紅白戦で好投した。

 

5番候補に

 ドラフト5位から開幕5番候補にのし上がった。この日は2回に増井投手の142km/hの速球を振りぬくと、逆風も関係なく右中間スタンドに放り込んだ。「あそこに打とうと思っていたところに、うまく打てました」と右方向への一発に会心の表情を見せていた。また4回にもレフト前ヒットを放ち4打数2安打、紅白戦、オープン戦、練習試合で4試合に出場し、15打数10安打6打点、3本塁打という驚異的な成績を残している。

 この活躍に伊東監督も本気になっている。「このままも調子なら、5番か6番を打たせたい」と話し、開幕1軍で、角中選手を押しのけて5番に座る可能性も出てきた。

 

この試合で他のルーキーもアピール

 この試合では千葉ロッテのドラフト2位・吉田裕太選手が途中からマスクを被ると陽岱鋼選手の盗塁を刺し、6回には実戦初安打を記録した。またドラフト4位の吉原正平投手は1回を1安打無失点、大谷翔平選手から三振を奪い、中継ぎ候補として計算に入りそうだ。

 北海道日本ハムではドラフト3位の岡大海選手が8番ライトで出場すると、3打数2安打、死球や相手の失策で4度の出塁を見せた。盗塁を狙って牽制で刺されたものの前向きな姿勢を示した。今日にも1軍昇格が決まる予定。

 

福岡ソフトバンクの社会人投手コンビも

 また福岡ソフトバンクは紅白戦を行い、ドラフト2位の森唯斗投手とドラフト3位の岡本健投手の社会人投手コンビが好投を見せた。岡本投手は2軍キャンプで調整を続けていたが、この日の紅白戦では3番手で登板すると、最速141km/hながら指にかかった回転の良いボールで2回を1安打無失点に抑えた。

 加藤コーチは「ロングリリーフとか、こちらが使いやすい投手になることも考えながら調整して欲しい」とシーズンに向けての調整を指令した。岡本健投手は新日鐵住金かずさマジック時代にロングリリーフをこなして日本選手権で優勝を勝ち取っている。問題ないだろう。

 またドラフト2位の森唯斗投手は最速145km/hの速球で押して1イニングをノーヒットに抑えた。「力で押すタイプ。タイプが違うから面白い」と加藤コーチも話し、岡本投手、森投手をリリーフの場面で使い分けていく。

 

  弾丸ライナーが、逆風を切り裂いた。4回無死走者なし。増井の142キロ直球をはじき返した。「真ん中に入ってきた球を思い切って振れた。逆方向を意識した練習の成果を出せた」。打球はあっという間に右中間席に飛び込んだ。

 小学3年で野球を始めた。社会人1年目は5番打者だったが、それ以外はずっと4番を打ってきた。「走者がいる場面で打つのが4番。それを永遠に背負っていくもの」と、得点圏での打撃にこだわる。「(ロッテの4番は)井口さん、今江さんがいらっしゃいますから」とはいうものの、5番でも走者をかえす打撃に徹する。5回1死三塁では中犠飛を放ち、ここまで計15打数10安打6打点の大暴れだ。

  貴重な長距離砲だけに、今後の活躍次第では開幕スタメンどころか、開幕戦でのクリーンアップまで見えてきた。伊東監督は「右中間に突き刺さる打球は凄かった。このままやってくれれば、シーズンで使うなら5番か6番」と開幕後の打順にまで言及した。

 ロッテの新人野手で開幕戦でクリーンアップを務めたのは、65年の井石礼司以来、出ていない。規格外の怪物ルーキーは、49年ぶりの快挙に向け、アピールを続ける。

 5回から2番手で登板したドラフト4位・吉原(日本生命)は1回1安打無失点。「中継ぎとして0点に抑えたのは良かった。打者の雰囲気を感じられたのは収穫です」と手応えを口にした。ドラフト2位の吉田(立正大)もマスクをかぶった4回に陽岱鋼(ヨウダイカン)の二盗を阻止。6回には対外試合初安打となる左前打を放つなど、存在感を見せた。

 1打席目から落ち着いていた。2回。先頭打者で打席に立つと、左前打を放った。次の打者の時にけん制死をしたが、盗塁を狙っての走塁ミスだったため、「積極的にいった結果だったので。次に生かしたい」と前を向いた。4回には死球、6回には相手の失策で出塁し、8回には中前打。4度の打席ですべて出塁するなど、能力の高さを見せつけた。

岡本緩急、力の森 - 西日本スポーツ:2014/2/21

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント