埼玉西武のドラフト1位・森友哉捕手、3番捕手でフル出場

埼玉西武ルーキーニュース

 埼玉西武のドラフト1位・森友哉捕手が2軍キャンプでの阪神との練習試合に3番捕手でフル出場した。打撃では4打数ノーヒットに終わったものの、盗塁を刺すなど堂々としたプレーを見せた。

 

3番捕手

 埼玉西武が単独1位指名をした森友哉捕手、大阪桐蔭高校の2年時に藤浪晋太郎投手をリードして春・夏連覇を達成すると、3年夏の甲子園では2打席連続ホームランを記録するなど長打力も見せた。また18Uワールドカップでは2年連続で選ばれて正捕手として活躍し、高校生の中ではずば抜けた中心選手だった。

 期待の高さを表すようにこの日は3番捕手でフル出場をした。打撃は4打数でノーヒットに終わる。しかし、プロ初の打席となる第1打席は初球のストレートをいきなりスイング、セカンドゴロに終わったが思い切りの良さを見せた。それ以降は遊飛、右飛、一ゴロだった。

 またリード面では3回に2者連続ホームランを打たれるなど「僕のリードで打たれた」と反省したが、4回には盗塁を刺すなど良いプレーも見られた。

 

本人反省、周囲は評価

 森選手は「いいところは特に無い。課題はたくさんある」と話し、盗塁を刺した事についても「送球がずれていた」と反省点を並べた。高校NO1捕手ではあるが、プロではまだまだやらなければならない事がたくさんある。しかし周囲の評価は高かった。潮崎2軍監督は「近いうちに安打がでる。守備も試合の中でうまくなる。合格点」と話すと、阪神の掛布DCも「ヘッドスピード、スイングスピードは超高校級」と話した。

 相手は森選手の地元球団である阪神、藤浪晋太郎投手がいるチームで昨年も森友哉選手の獲得に動いていたと見られる球団で、森選手も阪神のユニフォーム姿も想像していただろう。その阪神の選手からも「あれが高校生か」という声が挙がったとの事。

 捕手は打撃だけではなく、守備だけではなく、投手とのコミュニケーションや信頼感などやる事が多い。少し時間をかけて積み重ね、2年、3年後に1軍でプレーする姿を見せてくれれば良い。

 

あれで高卒か・・・ - 西日本スポーツ:2014/2/12

 

森デビュー、4の0 - ニッカンスポーツ紙面:2014/2/12

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント