埼玉西武のドラフト3位ルーキー・源田壮亮選手がレギュラー取りへ

埼玉西武ルーキーニュース

埼玉西武のドラフト3位ルーキー・源田壮亮選手が、ショートのレギュラー争いをリードしている。この日は東北楽天との練習試合に9番ショートで出場し攻守でアピールした。

ショート争い

ここ数年、埼玉西武のショートのポジションは、レギュラーとして固定した選手がおらず、金子選手、永江選手、鬼崎選手、外崎選手、呉選手などが守っていた。そして昨年のドラフトでは3位で社会人屈指のショート・源田選手を獲得し、その源田選手がショートのポジション争いを激しくさせ、そして終わらせるかもしれない。

この日は1軍主体のチームで9番ショートで出場すると、3回には1アウト2塁のショートゴロを、進塁を狙ったランナーをサードで刺すこう判断を見せた。また打撃では5回に俊足を生かして三塁内野安打、8回にはライト前にヒットを放った。

守備のうまさはチームでも既に評価されている。この日の試合前のシートノックでファンブルしたり悪送球をすると、周りから「おいおい珍しいな、緊張してるのか」と声がかかり、辻監督は「ああやって周りからかかる声を聞いても、守備のうまさを認められているってことが分かる」と話した。

辻監督は打撃についても「つなぎの四球も含めて良い働き。左も苦にしないし練習よりも実戦で力が出せるタイプ」と評価した。

もちろんプロの先輩である永江選手、鬼崎選手なども黙ってはいないだろう。しかしその競争をレベルの高いものにしているのは源田選手のおかげ、最終的に開幕1軍、そしてショートのレギュラーとして勝ち残るかどうか注目したい。

2017年ルーキーの活躍・成績一覧

2017年度-社会人内野手のドラフト候補リスト

三回1死二塁から遊ゴロでスタートを切った二走を三塁でアウトにするなど、6度の守備機会を堅実にこなした。打撃でも五回に三塁内野安打、八回にも右前打。辻監督は「競争で一歩リードしている」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント