埼玉西武ドラフト7位ルーキー・佐藤龍世選手が2安打3打点で1軍アピール

佐藤龍世

埼玉西武は福岡ソフトバンクと練習試合を行い、ドラフト7位ルーキーで富士大出身の佐藤龍世選手が2安打3打点の活躍で1軍に大きくアピールをした。

富士大先輩に続く

埼玉西武は富士大とともにあるといっても良いくらい、4番の山川選手、エースの多和田投手、そして外崎選手といった富士大出身の選手がチームを作っている。そしてそこに新たに選手が加わりそうだ。

昨年のドラフト7位で指名された富士大の佐藤龍世選手は、この日の福岡ソフトバンク戦で9番サードで出場すると、2回1アウト2,3塁の場面でライト前に2点タイムリーヒットを打つなど、4打数2安打3打点の活躍を見せた。「対外試合であまりチャンスに打てなくて、ここは打ちたいなと思っていた」と話した。

大学時代は3年生の春に打率.500、3本塁打を記録し秋は打点王に輝くなど、打撃で目覚ましい活躍をみせた。思い切りの良い打撃で攻撃型の選手として大学屈指の強打者と評価され、昨年のドラフト会議で西武から指名された。

この活躍に辻監督は「打撃はいい。思い切りはあるし、ストライクは積極的にいく。守備は心配していない。三塁手らしい元気もある」と評価、サードでは中村剛也選手とレギュラーを争う事になるが、中村選手が2軍で調整をしている間に大きくアピールをしていく。

埼玉西武ライオンズ、過去のドラフト指名一覧

辻監督は2安打ともに2球目を仕留めた積極打法に目を細めた。「打撃はいい。思い切りはあるし、ストライクは積極的にいく。守備は心配していない。三塁手らしい元気もある」。


PAGE TOP