千葉ロッテ・井上晴哉選手がオープン戦で猛打賞、東京ヤクルト・西浦直亨選手も好守備見せる

千葉ロッテルーキーニュース 東京ヤクルトルーキーニュース

 千葉ロッテのドラフト5位・井上晴哉選手が、オープン戦に出場しいきなり猛打賞を記録した。前日に闘牛を見ており、「牛の闘志が乗り移ったんでしょう」と話した。東京ヤクルトのドラフト2位・西浦直亨選手も練習試合で好守備を見せた。

 

今度は牛から

 昨年の入団会見前にロッテの工場を見学した際、「お菓子たちから刺激をもらった!」と話していた井上選手だが、この日は牛から力をもらっていた。

 オリックスとのオープン戦で4番ファーストで出場すると、第1打席で追い込まれてからライト前に流してヒットを記録すると、第2打席はマエストリ投手の初球をレフト前に引っ張り、第3打席は高めのストレートを降りぬくと、右中間フェンス直撃の2ベースとなった。

 前日にルーキー選手の歓迎の闘牛が行われた際には、他のルーキーが避ける中で自ら牛の背中に乗り、山室球団社長も「プロっていうのは、こういうのが大切」と評価されていたが、この日はプレーでもファンを沸かせた。何かをしてくれる選手として今後も注目され続けるだろう。

 

西浦選手は初実戦

 また東京ヤクルトのドラフト2位・西浦直亨選手は韓国KIAとの練習試合に8番遊撃手として出場し、打っては5回に初ヒットを放つと、守備でもセカンドベース後ろの打球や、サードよりの深い位置の打球を処理し強肩でアウトにするなど好プレーを見せた。

 東京ヤクルトは昨年のドラフト会議では遊撃手を補強ポイントとし、ドラフト2位で有力な投手が残る中で西浦選手を指名した。小川監督も「打球に対するスタートや身のこなしなどの対応力は高い。チームにとっても安心感を与えられるプレー」とこの日のプレーを評価した。ポスト宮本争いで先んじた西浦選手、伸び悩んでいる先輩遊撃手に刺激を与えている。

 

  大きな体を揺さぶって、二塁へ到達した。6回1死で、相手の4番手・山田から、あと少しで本塁打という右中間フェンス直撃の当たりを放った。「来た球を打ちに行っただけ。もっと飛んでくれるかと思ったが、風で戻されましたね」。いきなり猛打賞と結果を出しても、自然体を貫いた。

 伊東監督は、早くも開幕1軍に当確ランプをともした。「今のままなら4番でいいね。(開幕1軍?)今の感じならそうでしょ」。ソフトバンクの加藤スコアラーは「タイプは西武の中村みたい。リストが柔らかくて長打力がある」と、おかわり君と姿をダブらせた。

 三遊間への深い当たりや、二遊間へ抜けそうなゴロを難なくさばいた。7度の守備機会をこなしたルーキーは「緊張したなかで落ち着いてできた。次も安心して見てもらえるようにしたい」と納得の表情。打っても、5回の第2打席では左前に“プロ初安打”。2回1死一、二塁では右方向への打撃(記録は一ゴロ)を見せた。

 試合後、指揮官は印象に残った選手に西浦の名を挙げ「打球に対するスタートや身のこなしなどの対応力は高い。チームにとっても安心感を与えられるプレー」と称賛した。宮本が引退後、森岡、川島、谷内らとし烈な定位置争いが繰り広げられるが、「ああいう守備を見せられるともっともっと、打席の機会を増やしてみたいと思う。期待が持てる内容だった」。今後も試合に出場させていく方針だ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント