オリックス・吉田一将投手初勝利、千葉ロッテはルーキー4人がスタメン

吉田一将, 石川歩, 吉田裕太, 三木亮

 プロ野球ではオリックスのドラフト1位・吉田一将投手が5回2/3を投げて6安打1失点と粘りの投球を見せて、プロ初勝利を挙げた。千葉ロッテはスタメンで4人がルーキーと、チームに新しい風を吹かせている。

 

社会人NO1をかけて

 オリックスにドラフト1位指名された吉田一将投手、JR東日本では都市対抗、日本選手権で準優勝し、日本代表でもエースとして安定した投球を続けた社会人のエースだった。

 しかしドラフト会議では複数球団の指名が予想されたが単独指名となり、東京ガスの石川歩投手が2球団から1位指名されていた。またオープン戦でも肩の張りなどから2軍に降格し、オープン戦で登板したものの調整の為開幕1軍はならなかった。

 シーズンに入って登板をしたものの勝ち星は付かず、千葉ロッテの石川歩投手が先に1勝を挙げていた。

 この日は5回2/3を投げて6安打1奪三振も1失点と粘りの投球を見せた。得意のフォークがもう少しでストレートは三振を奪うまでは行かなかったものの、インコースに伸びるストレートでフライを打たせ、プロ初勝利を飾った。フォークの切れが増してくれば三振も奪えるようになるだろう。まずは1歩目を踏み出した。

 

石川歩投手が再びリード

 しかし千葉ロッテ・石川歩投手は再び先を行った。この日は4試合目の先発登板をすると、福岡ソフトバンク打線を8回4安打2奪三振4四死球で無失点に抑え、プロ2勝目を手にした。初回に147km/hのストレートで力勝負を挑んで抑えると、その後もストレートで強気に押すピッチングで、テクニックのある福岡ソフトバンクの打者を力で抑えた。

 これでルーキーでは初となる2勝目、社会人時代からのライバル・吉田一将投手が並びかけた日に再び差をつけた。新人王に向けてひた走る。

 

ルーキー4人がスタメン

 千葉ロッテは、投手の石川投手に、7番はファースト・井上晴哉選手(ドラフト5位)、8番は捕手の吉田裕太選手(ドラフト2位)、9番はサードの三木亮選手(ドラフト3位)が入り、スタメン9人中4人がルーキーというフレッシュさだった。

 吉田選手は2安打を放ち、三木選手も1安打を記録している。これだけルーキーが食い込んでくるのは珍しい事だが、千葉ロッテは益田直也投手や松永昂大投手も活躍し、何より2011年にドラフト3位指名で入った鈴木大地選手がキャプテンを務める。

 若い選手がサブロー選手や里崎選手、福浦選手といった一時代を作った選手に代わってきている。世代交代が順調に進んでおり、新生千葉ロッテが次の時代を作り始めた。

 

 初回1死二塁では栗山をインハイの直球で空振り三振。「インコースはホームランと紙一重ですけど、どんどん攻めた」。長い腕から繰り出す直球は、139キロという球速以上に速さを感じさせた。奪三振はこの1個だが、11個の飛球がキレを証明していた。

 プロ初登板となった6日の西武戦(京セラD)は4回2死、1失点で降板。勝利の権利まであと1アウト、届かなかった。だが、この日は「勝ち投手だな、という意識は多少、ありました」と5回も3者凡退。6回に3安打を浴びて1点を失ったが、前回越えられなかった壁をクリアした。

  チームの苦手意識を払拭した。相手には開幕カードで3連敗するなど、引き分けを挟んで4連敗中。「3、4、5番を抑えれば大量点は取られない」と、序盤は最速147キロの直球で攻め、中盤以降はシンカーを効果的に織り交ぜた。相手クリーンアップを計2安打に抑え、チームにソフトバンク戦初白星をもたらす好投も「(完封できなかったのは)スタミナ不足と判断された自分に原因がある。次は四球を減らして完封したい」と、あくなき向上心を見せた。

  ロッテの新人4人がスタメンに名を連ねた。バッテリーは石川とドラフト2位・吉田のコンビ。さらに、3位の三木が「9番・三塁」でプロ初スタメンを飾り、「幕張のアジャ」こと5位・井上も「7番・一塁」でフル出場した。

 吉田は2安打し「きょうの石川さんは直球の球威と変化球の精度が凄く良かった。僕も2安打できてうれしいです」。三木も3回に中前打するなど、新人の活躍で同カード今季初勝利を挙げた。


PAGE TOP