千葉ロッテドラフト1位・安田尚憲選手、4番サードデビューで2安打

安田尚憲, 千葉ロッテ

千葉ロッテのドラフト1位ルーキー・安田尚憲選手は、チーム初の紅白戦で4番サードでデビューし、2安打を放った。

第1打席は空振り三振

初回の第1打席は、関谷投手と対戦し空振り三振、4回の打席では成田投手の高めのストレートをライト前に弾き返し、9回にも安江投手からレフト前にヒットを放った。4打数2安打に2得点を記録し、また守備でも4回に鋭い打球を体に当てて前に落とし、素早く送球してアウトにした。上々のデビュー戦となった。

安田選手は紅白戦後に「ヘトヘトですよ」と話し、「ヒットが2本でたんで60点」と厳しい採点もしたが、井口監督は、「今までの姿を見てたみんなが、4番に置いていいんじゃないかと話していたところがそのまま出た。一番、雰囲気があったかもしれない」と、4番としての貫禄を評価していた。

試合後の特打では10本以上のサク越えを放ち、打球の角度も出てきた。安田選手も開幕4番の可能性もある選手だと思う。そして将来は千葉ロッテの、日本の4番と呼ばれる選手になってほしい。

2018年ルーキーの活躍一覧 | ドラフト会議ホームページ2018 Draft home page

三塁の守備も合格点だ。松井氏の著書のタイトルで自身の座右の銘でもある「不動心」を刺しゅうしたグラブで計5度の守備機会もノーミス。紅白戦後の特打では約1時間半で10本以上のサク越えを放った。2日に行った初の屋外フリー打撃では、打撃投手を相手にサク越えはゼロ。数日間で打球に角度がつき、勢いが増した。

一回の第1打席は関谷の前に空振り三振。シート打撃でも空振り三振デビューだったが、食らいついていく姿勢だけは変わらない。

 四回無死、走者なし。成田の真ん中高めの速球を右へはじき返した。「自分のスイングがよくなっている。タイミングも。後は変化球への対応です」。この一打から紅組は先制。九回にも安江から右前に運んだ。


PAGE TOP