千葉ロッテ・安田選手、楽天・西巻選手、高校生ルーキーが練習試合でヒット

西巻賢二, 安田尚憲

千葉ロッテドラフト1位の安田尚憲選手と、東北楽天のドラフト6位・西巻賢二選手、高校生ルーキーの二人がそれぞれ練習試合でヒットを打った。

4番サード安田

台湾・ラミゴとの練習試合で、4番サードで出場した安田尚憲選手は、ショートゴロと2つの四球で第3打席までを終え、迎えた7回の第4打席、チームは安田選手以外の先発が全員ヒットを打っており、「自分だけ打っていないのは気づいていた」をヒットを狙っていた。

右のやや横から投じられるストレートを、力強く振りぬくと、一二塁間を鋭くやぶる打球でヒットを記録した。

いろいろな人から、安田は打てなくても4番として使い続けてもいい選手という言葉が出るほど、期待されている選手。失敗してもいいので思い切り振って、思い切り守ってほしい。

西巻選手は2安打

韓国・サムスンとの練習試合で、途中から出場した西巻賢二選手は、7回にセンター前に弾き返すヒットを放つと、9回2アウト2,3塁の場面では左中間に2点タイムリー3ベースヒットを打った。

紅白戦ではヒットを打てていなかった西巻選手だが、「反省が生きた」と、この日のヒットにつなげた。梨田監督は「いい打ち方をしている。オコエと渡辺直人はぶれていたけど、全く軸がぶれないしね。きのうの藤平もそうだけど高卒1、2年目のとは思えない。バッティングがここまでとは思っていなかった」と話し、藤平投手と共に高校から出てきていきなり活躍を見せる西巻選手に高い評価をした。

守備でしっかりとプレーができれば、今年中に内野の一角を取ってくるかもしれない。楽しみ。

ロッテの「4番・三塁」で起用されたドラフト1位・安田(履正社)は遊ゴロと2四球で迎えた7回無死の第4打席に直球を右前打した。これでチーム先発全員安打となり、「自分だけ打っていないのは気づいていたので1本出てよかった」と笑った。

梨田監督も「いい打ち方をしている。(直前の)オコエと渡辺直人はぶれていたけど、全く軸がぶれないしね。きのうの藤平もそうだけど高卒1、2年目のとは思えない。バッティングがここまでとは思っていなかった」と絶賛した。


PAGE TOP