今年チェックしたいドラフト候補(その4)

大和田啓亮, 岩成亮祐, 中野貴仁, 笹渕塁嗣, 岸山智大, 竹石稜

ドラフト候補選手の動画とみんなの評価のページにお寄せいただいているドラフト候補選手に、凄そうな選手がたくさん紹介されています。今年、一度はチェックしたい選手をピックアップします。今日は4回目。  その1その2その3

日本大・大和田啓亮投手

日大東北出身の大和田啓亮投手は、高校時代に148キロの速球を投げ、聖光学院を追い詰めた投手である。しかし夏の福島大会決勝では2年連続で終盤に逆転負けし、あと一歩で甲子園出場を逃した。またその年のプロ志望届を提出したものの指名漏れとなり日大に進んだ。運が良い投手とは言えないが、実力は確かだと思う。高校時以上のピッチングを見せてほしい。

専修大・岩成亮祐選手

岩成亮祐選手は成立学園時代に1年生でショートを守り、その身体能力の高さに注目された選手だった。専修大に進んだものの目立った活躍は見せられていない。4年生となった今年、輝きを見せられるか。

神奈川大・中野貴仁投手

大分商出身の中野貴仁投手は、146キロの速球と鋭いフォークボールがあり、実戦経験も積んでいる。ただし投球にムラがあり、ドラフト候補としてはまだまだ高い評価までいっていない。しかし今年の投球しだいで名前が挙がるようになるかもしれない投手。あと一歩、実績が欲しい。

福岡大・笹渕塁嗣投手

188cmから146キロの速球を投げる笹渕塁嗣投手、筑陽学園から福岡大に進むと、1年秋の開幕戦で先発し、九州国際大を145キロの速球で7回1失点の投球を見せた。その後、リーグ戦では2戦目の先発として投げ、昨年秋も西南学院大戦で9回6安打10奪三振1失点完投、今年はエースを掴むような投球を期待したい。

法政大準硬式・竹石稜選手、早稲田大準硬式・岸山 智大

竹石稜選手は日本文理高校出身の外野手、50m5.9秒の足があり強い打球を打つ。岸山智大選手は静岡高校出身の内野手で、50m5.8秒を記録し、3年夏は11盗塁を決める俊足の持ち主だった。プロへの道は遠いかもしれないが、もし入団テストなどを受けたら、短距離走は合格してきそうな選手。

みなさまのおすすめ選手を教えてください。ドラフト候補選手の動画とみんなの評価


PAGE TOP