千葉ロッテ、大卒コンビの福田光輝選手、佐藤都志也選手が活躍

福田光輝, 佐藤都志也

千葉ロッテのドラフト5位ルーキー・福田光輝選手が2打席連続弾でオープン戦3号ホームランを放ち、ドラフト2位の佐藤都志也選手も2ベースヒットを打った。

2打席連続弾

福田光輝選手はこの日の中日とのオープン戦で初回、先頭打者で打席に入ると、フルカウントからの147キロのストレートを逆方向のレフトへ運んだ。「大学でも逆方向への本塁打は何本かあったけど、あそこまで行くと思わなかった。先頭打者アーチも初めてかもしれない」と話した。

続く第2打席も3回に先頭バッターだったが、ここでもインコース高めのストレートを今度はライトスタンドに運んだ。「自分は本塁打をバンバン打つタイプではない」話し、「考えたら駄目。来た球を打ち返す。2打席連発は初めて」と笑顔を見せた。福田選手は大阪桐蔭、法政大で主将を務めているが、どちらかというと天才型の性格だといい、まずはプロで他の選手のすごさに動揺することなく活躍を見せた。

またこの日は、侍ジャパン大学代表で主軸を打ったドラフト2位ルーキーの佐藤都志也選手が初の先発マスクで出場すると、まずはリード面で種市投手を5回1失点ピッチングを見せ、2回には2アウト1塁からライト線に2ベースヒットを打ち、オープン戦初安打を記録した。

佐藤選手は同じ大学卒ルーキーの福田選手について、「あいつは天才。4安打中3本塁打ですからね。同期で活躍できたらチームに貢献できる」と話したが、大学野球でトップクラスの打撃を評価されてきた佐藤選手も負けていられない。まずは1安打目が出て、これから打っていけるだろう。

千葉ロッテはドラフト1位で佐々木朗希投手を獲得し、これだけでも大成功ドラフトだと思うが、2位の佐藤選手、そして5位の福田選手も活躍を見せた。3位の高部瑛斗選手も実力があり、まずは大学生ルーキーが力を見せる。

千葉ロッテマリーンズ、過去のドラフト指名一覧

舞い上がった打球は左翼席へ飛び込んだ。初回、先頭で左打席に入った福田光は、フルカウントから山本の147キロ直球を叩いた。
 「大学でも逆方向への本塁打は何本かあったけど、あそこまで行くと思わなかった。先頭打者アーチも初めてかもしれない」。新加入した福田秀が既に2本の先頭打者本塁打を放っているが、同姓の先輩に代わって1番で先発出場し、負けないインパクトを残した。

「投手が投げやすいようにと考えた」と開幕ローテーション入りが内定している4年目右腕の種市を5回1失点と好リード。打っても2回2死一塁から右翼線二塁打を放ち、オープン戦初安打を記録した。同期入団の福田光の活躍には「あいつは天才。4安打中3本塁打ですからね。同期で活躍できたらチームに貢献できる」と刺激を受けた。


PAGE TOP